ホットック作ってみよう

料理

こんにちは、ゆんつです。

この前知り合いからこんなものを貰いました。

ホットックミックス?

箱に書いてあるように韓国のおやつだそうです。

パッケージの画像を見るとホットケーキっぽいです。

そして「韓国屋台の人気おやつ」と書いてあります。

知り合いも人から貰ったそうですが食べないということなので、意地汚い僕は「ちょーだい」と言ってもらってきました。

さて、どんな味がするんでしょうか?

それにしても「ホットック」って口に出してみると発音が難しいです。

「ホットク」なら簡単に発音できるんですが、トとクの間の小さいッが曲者です。

発音しようとすると咳こんだような感じになります。

今日はこの発音しにくい「ホットック」を作ってみたいと思います。

ホットケーキとの違い

僕は箱の画像を見た時に「ああ、日本でいうホットケーキね」と思ったんですが、どうも違うようです。

どこが違うのかと言うとここ

もち米粉が原料に含まれているようなのです。

裏面をみるとこんなことが。

ほう、小麦粉ともち米粉がミックスされているようですね。

これはどんな味になるのか楽しみです。

内容物

右からミックス粉、ホットックシュガー、ドライイーストです。

ホットックシュガーと言うのはシナモン味の砂糖で細かく砕いたピーナッツが入っていました。

作ってみよう

箱の裏面の作り方通りにつくってみます

1. ボールに45度くらいのお湯を120cc入れ、そこにドライイーストをいれて良く混ぜ合わせる

僕は生まれて初めてドライイーストというものを使ったんですが、お湯を入れただけでかすかにパンの匂いがするんですね。

ちょっと感動しました。

2. ミックス粉を入れてしゃもじで5分から10分こねる

最初はしゃもじでやってましたが中々生地がまとまらないので、手袋をして手でこねたら上手くまとまりました。

それにしても5分~10分て結構幅が大きいと思いますがどれくらいこねた方がいいんでしょうか?

僕は中間をとって8分くらいこねました。

3. 手に薄くサラダ油を塗って生地を5等分する

この時僕は皿にそのまま乗せてしまったんですが生地が結構皿に張りつくんです。

皿にもほんの少しサラダ油を塗れば良かったです。

4. 生地を押しつぶして直径10cm位、厚さ1cm位にする

5. 生地の中央に小さじ2のホットックシュガーをのせ、あんぱんのような形になるように包み込む

ホットックシュガーの代わりにチーズやチョコを入れても美味しいそうです。

6. フライパンに油をひき生地の閉じ目を下にしてほんのりきつね色になるまで焼く

火加減は中火と弱火の中間位でやってみました。

7. 裏返してフライ返しで押しながら平らになるように焼く

8. 1~2分後に再びひっくり返し押しながらさらに1~2分焼く

上からぎゅうぎゅう押してたらサイドから溶けたホットックシューガーがはみ出してきました。

7. 完成

結構力を入れて上からぎゅうぎゅう押したつもりなんですが、あまり平べったくなりませんでした。

生地をもっと薄く伸ばした方が良かったかもしれません。

見た目は長野名物の「おやき」っぽいですね。

食べよう

アツアツのホットックを真ん中から割ってみます。

ホットックシュガーが溶けてて美味しそうです。

食べてみます

パクッ

噛むとシナモンの香りがフワッと口の中に広がります。

生地はもち米が入ってるのでホットケーキよりも随分とモチモチしています。

小麦粉ともち米粉でこんなに違いが出るんですね。

ホットケーキとは全く別物な味と食感です。

ホットケーキより薄味で生地がきめ細かく感じます。

中に入れたホットックシュガーが溶けてよく生地に染み込んでいます。

ホットックシュガーのシナモンは余り香りが強くないので食べやすいです。

パッケージに「韓国屋台の人気のおやつ」と書いてありましたが、確かに小腹がすいたときに1つ屋台で買ってつまむのにちょうどいいボリュームです。

結構おいしい。

ちなみにホットックは冷えるとかなり生地が固くなります。

ホットケーキが冷えて固くなるのの数倍固くなります。

パケージに書いていましたが、冷えたホットックは電子レンジで約30秒温めると再び柔らかくなるそうです。

僕も実際に試しましたが、レンジで温めることで作った直後に近いのもちっとした柔らかさに戻りました。

もし、いつか韓国に行くことがあったら本場の韓国屋台のホットックも食べてみたいですね。

なんとなく韓国が身近に感じられたホットック作りでした。

それでは、またですー。

→ホットックミックスをAmazonで探すにはこちらから

→ホットックミックスを楽天市場で探すにはこちらから

コメント