僕のラダー

雑記

こんにちは、ゆんつです。

ちょっと前にNHKの「ためしてガッテン」という番組を見ていました。

その日の特集は「カラダ若返りスペシャル 1週間で動ける体が復活!」というものでした。

年をとってくると体の動きが鈍くなってきてこけたり、段差でつまづくことが多くなってきます。

それは筋力の低下などもありますが、普段体を使わないことにより体を動かす運動神経が鈍ってしまい結果として体の動きが鈍くなるんだそうです。

番組では運動神経を刺激し、運動能力を改善するための体操などが紹介されていました。

僕も30歳を過ぎてからちょっとした段差でつまづく機会が増えたという自覚があったので真剣に番組を見ていました。

ためしてガッテンを良く見ている人は知っていると思いますが、こういう番組は実験がつきものです。

性別や年齢の異なる被験者を集めて運動神経を刺激する体操をする前と、しばらく継続した後の運動データを比較し効果を検証する実験です。

そして被験者の運動能力を調べるのシーンで、被験者の人たちが地面に敷いた縄ばしごみたいな物を使って運動能力を測っているシーンがありました。

僕はそのシーンに目を引かれました。

初めて見た光景だったからです。

僕は直ぐに「これは何だろう?」と思い検索しました。

するとこれはラダートレーニングというものだということが解りました。

ラダートレーニングというのは縄ばしごのような形をしたスピードラダーと言うものを用いて行なう敏捷性を高めるトレーニングのことらしいです。

被験者の人たちはラダーを使って敏捷性のテストをしていたんだと思います。

YouTubeで調べてみるとおあつらえ向きの動画がありました。

ラダートレーニング≪初級編≫

これ、僕もやりたい!!

敏捷性を高めてすばしっこくなりたい!

動けるデブになりたい!

ということで僕はこのトレーニングに必要なラダーを買おうかとネットで調べましたが、調べてる最中にいいことを思いついたので買うのは止めました。

僕のラダー

僕は早速YouTubeで動画を見ながらトレーニングのやり方を覚えるため、スマホを片手にある公園に行きました。

ラダーは持っていません。

でも僕にはとっておきのアイディアがあるのです。

公園につきました。

さあラダートレーニングを開始します。

「ラダーが無いじゃないか」と思う人もいると思いますが、じっくり地面を見て下さい。

僕にはラダーがはっきりと見えます。

どうでしょうか?

くっきりとラダーが浮かび上がってきました。

これが僕のラダーです。

今日からこの空想ラダーで金を使わず知恵を使い敏捷性を高めるのです。

運動音痴よさようなら。

ダイエットと並行して運動できるオッサンを目指していきたいと思います。

それでは、またですー。

コメント