GIMPで綺麗な矢印がひきたい

GIMP

こんにちは、ゆんつです。

ブログで何かを画像を使って説明するときに矢印を使いたいことがあります。

僕は画像の編集にはGIMPを使っているんですが、今までずっと鉛筆で線を書くようにマウスを引っ張って直線を引いた後に先端に手書きの矢をつけて矢印にしていました。

でもこれだと矢の部分が不格好で汚らしい矢印になってしまいます。

そこで今回はGIMPを使って綺麗な矢印を引く方法について調べてみました。

スポンサーリンク

2種類の方法

調べてみたところGIMPで綺麗な矢印を引く方法には「Arrow Brushes」というブラシツールを使う方法と、「Draw arrow」というスクリプトを使う方法の2通りの方法があるようです。

それぞれの方法を試してみたいと思います。

Arrow Brushesを使う方法

1. 導入

作業の前にいったんGIMPを閉じておきます。

1. Arrow Brushesをダウンロードして解凍する

こちらのページからダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍するとgimp-Arrowというフォルダがあります。

2. brushesというフォルダにgimp-Arrowフォルダを置く

先ほど解凍したgimp-Arrowフォルダをコピーして通常版のGIMPを使っている場合は

C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\brushes

というフォルダに貼り付けます。

ポータブル版のGIMPを使っている場合は

C:\GIMPPortable\App\gimp\share\gimp\2.0\brushes

というフォルダに貼り付けます。

※通常版もポータブル版もインストール時にインストール先をデフォルトにした場合の場所です。

※貼り付けの際、管理者権限のメッセージが出る場合がありますが「続行」をクリックします。

3. GIMP起動させてブラシに矢印があるか確認

GIMPを起動させブラシの一覧に矢印が追加されていれば導入成功です。

導入前

導入後

矢印がありましたー!

Arrow Brushesを導入できたようです。

2. 使ってみよう

1. ブラシツールを選択

ツールボックスからブラシツールを選択します。

2. 矢印の種類などを決定する

ブラシツールを選択したら、矢印の種類や大きさ、角度などを決定します

今回は右に向かってややカーブした矢印を選択し、サイズは大きめの200、色は赤にしました。

3. 矢印を書く

点線の矢印を矢印の打ちたい場所に移動させて左クリックします。

すると矢印が描かれます。

矢印をひくと言うよりも、矢印のスタンプを押すと言った方がいいかもしれません。

とても簡単です。

色んな種類の矢印があるので、好きな形の矢印の設定を覚えておけばスタンプ感覚で気軽にポンポン使えます。

Draw arrowを使う方法

1. 導入

作業前にGIMPを一旦閉じておきましょう。

1. スクリプトをダウンロードする

こちらのページからスクリプトをダウンロードします。

※2019年3月31日をもって「Yahoo!ジオシティーズ」のサービスが終了し、ファイルの配布元のページが消えてしまいました。
移転先もないようなので、とりあえずファイルがダウンロードできるようにリンクをWebアーカイブのリンクに差し替えています。
いつまでダウンロードできるか分からないので、必要な方はお早めに!

2. zipファイルを解凍するとdraw-arrow.scmというファイルがあるのでそれをscriptフォルダに置く

zipファイルを解凍するとdraw-arrow.scmというファイルがあるのでコピーしておきます。

そして通常版のGIMPを使っている場合

C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\scripts

というフォルダに貼り付けます。

ポータブル版のGIMPを使っている場合

C:\GIMPPortable\App\gimp\share\gimp\2.0\scripts

というフォルダに貼り付けます。

※GIMPのインストール時にデフォルトのインストール先を変更せずにインストールした場合です。

3. GIMPを起動しスクリプトが導入されているか確認する

GIMPを起動させメニューバーの「ツール」をクリックし、項目一覧に「Arrow…」があれば導入完了です。(ポータブル版のGIMPの場合「矢印」)

通常版のGIMP

ポータブル版のGIMP

導入できてますね。

2. 使ってみよう

1. ツールボックスでパスツールと矢印の色を選択

ツールボックスでパスツールを選択し、矢印の色を決定します

2. 矢印の始点にしたいところで左クリックを1回、終点にしたいところで左クリックを1回

3. メニューバーのツールからArrowをクリック

クリックするとこんなウィンドウが開きます。

日本語なので設定に迷うことは無いと思います。

今回はブラシの太さを3にして、さらに「パスの始点を矢印にする」のチェックを外し終点を矢印にするように設定し他はデフォルトのままで矢印を作成してみます。

出来た!

綺麗な矢印ですね。

各種の数値をいじることで矢の大きさや先端の角度を変えたりすることが出来るので、自分好みの矢印になるようにいろいろと数値を調整してみてください。

僕の好みの設定は「矢先の大きさ」が20、「ブラシの太さ」が3です。

矢先がすっきりしていてお気に入りです。

ちなみに始点と終点をこんな感じにして

 

線の途中をつまむと線をカーブさせることが出来ます

マウスでドラッグしながら角度を調節して

メニューバーのツール→矢印で先ほどと同じような操作で矢印を描写すると

曲線の矢印を引くことも出来ます。

慣れるともっと便利に使えそうな気がしますね。

とりあえずこれだけ出来れば今の僕には十分です。

※「Draw arrow」で矢印を描写した後に、こんなウィンドウが出ることがあります。

このメッセージが出ても矢印はきちんと描写されているので気にせず「OK」か×で閉じてください。

補足(※現在このページは繋がらなくなってます)

arrow.scmはGIMP Plugin Registryからもダウンロードができます(※以前はできていたのですが現在は繋がりません。)

僕も最初はこちらのスクリプトを導入してみたんですが、ダイアログが英語だし矢印の太さを上手く変えることが出来なかったり、思ったような矢印がつくれないので削除しました。

僕の環境では先ほど紹介したリンクからダウンロードしたarrow.scmの方が安定して動作しますし、画面が日本語なので操作が一目瞭然で使いやすいです。

使い分けが良さそう

Arrow Brushes、Draw arrowをつかってGIMPで綺麗に矢印を書くことが出来るようになりました。

短い矢印でちょっとシャレたかんじの矢印ならArrow Brushesを使って、長くてシンプルな矢印にはDraw arrowが良いのかなと思いました。

しばらくはこんな感じで2つの方法を使い分けてみたいと思います。

使ってみてまた新たに感じたことがあれば追記します。

それでは、またですー。

GIMP
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

  1. arika244 より:

    初めまして
    gimpの矢印
    このサイトを使いDraw arrowのダウンロードに成功しました。
    「スクリプトのダウンロード」項目から入ってすんなりと出来ました。
    朝から2っの他サイトを試みたがダウンロードできなかった。
    助かりました。

タイトルとURLをコピーしました