冬になると両端が切れていた僕の唇が全く切れなくなった理由

健康

こんにちは、ゆんつです。

僕は5年くらい前まで冬になると必ず悩まされる症状がありました。

それは寒くなって空気が乾燥してくると唇の両端が切れるという症状です。

季節が12月になって

ゆんつ
ゆんつ

肌寒くなってきたな

と感じるようになると、かならず唇の両端がパックリ切れるのです。

たまに朝起きると切れた唇がくっつきかけてる時があるのですが、喋ったり笑ったりするとくっつきかけた切れ目が簡単にパックリと開いてしまいます。

唇の切れ目が広がらないように冬場はどうしてもおちょぼ口になり、しゃべり方もぎこちなく、笑い方も「オホホ」という感じになってしまうのが常でした。 

一旦唇の両端が切れると、暖かくなる春先までずっと治りません。

唇の切れ目に醤油が付いたりするとしみて激痛が走るので、いつも「早く春にならないかなあ」と思っていました。

この症状は小学校から始まり30歳くらいまで20年近く続きました。

長いね

そんな頑固な唇の切れが、5年くらい前にあることを始めたことにより全くなりました。

今では冬場にどれだけ大口を開けて笑ったり喋ったりしても唇は全然切れません。

今日は僕が何故唇が切れなくなったかについて書きます。

唇の切れに対して僕がやったこと

唇の両端が切れる対策をいくつかやったことがあります。

リップクリーム → 治らなかった

病院でもらった薬を飲む → 治らなかった

恐らく唇が切れる場合にほとんどの人がやるであろう対策をしてみましたが、僕にはほとんど効果がありませんでした。

それに僕はリップクリームは味が気持ち悪いし、薬を飲んだりするのはあまり好きじゃないのです。

僕はこれで切れなくなった

これを見て下さい。

「だいだい」「かぼす」です。

僕は冬場は必ず柑橘類を常備しています。

柑橘類なら柚子でもスダチでもなんでもいいです。

冬に農協や道の駅の野菜市にいくと1袋に5,6個入って100円位で売ってます。

なぜ僕が柑橘類を常備するようになったか。

それは5年前。

祖母から大量の「だいだい」を貰った事に始まります。

せっかくもらった大量の「だいだい」が傷まないように、僕は積極的に「だいだい」を摂取し始めました。

果汁絞って料理に使ったり、焼酎に入れたり、果汁にハチミツを入れてお湯割りにして飲んだりと毎日欠かすことなく「だいだい」を摂取しました。

するとどうでしょう。

唇の切れが徐々にくっつき、くっついてからはあれほどしつこかった唇の切れが嘘のように出なくなったのです!

唇が切れていた頃の僕は柑橘類を日常的に摂取する習慣がなく、たまに料理に使うことはあっても積極的に摂取することはありませんでした。

ゆんつ
ゆんつ

みかんも全然食べませんでした

柑橘類を積極的に摂取しはじめたことで僕の体に不足していたものが補われ、唇の端が切れるという症状が改善したんだと思います。

おそらく柑橘類に含まれるビタミンCあたりが唇に効いているんだと思いますが、医者じゃないので詳しい事はわかりません。

でも柑橘類が原因なのは間違いないと思います。

柑橘類を積極的に摂取すると唇が切れなくなったことで

ゆんつ
ゆんつ

医食同源というのは本当だなあ

と心から実感しました。

このことがあってから僕は唇が切れやすい冬場は柑橘類を常備し、毎日果汁を摂取するようにしています。

以来、僕の唇は「切れ」から解放されたのです。

全部使える

果汁を絞った柑橘類の皮はお風呂に入れると美肌効果があり体が温まるのでお勧めです。

果汁を体に取り込み、皮から出るエキスを皮膚からも取り込んで一石二鳥です。

風邪もひきづらいよ

柑橘類を積極的に摂取し始めてから実感したのは唇が切れなくなったことだけでは無く、風邪をひきづらくなったということもあります。

これについて調べてみると柑橘類に含まれるビタミンCが風邪の予防に有効なんだそうです。

ただし柑橘類は風邪の予防には有効ですが、体を冷やしてしまう効果もあるので既に風邪をひいてしまった時には控えた方がいいそうです。

これからどんどん寒くなってきますが、僕はたくさん柑橘類を摂取して唇の切れと風邪から体を守ろうと思います。

それでは、またですー。

コメント