ホームベーカリーを買ったらこうなった

雑記

こんにちは、ゆんつです。

先日ホームベーカリーを購入しました。

まだ購入から1ヶ月位なんですがヘビーローテーションで使っています。

だってホームベーカリーで焼いた焼きたてのパンが旨いんだもん。

使い過ぎるのも仕方ないです。

今日はパンを焼き始めて1か月経った僕が「ホームベーカリーを買ったらこうなった」ということを列挙していきたいと思います。

スポンサーリンク

1. 食パン、フランスパンを買わなくなった。

僕の家の近所には口コミなどで美味しいと言われているパン屋があります。

ホームベーカリーを購入するまで僕の家族はそこで食パンやフランスパンを買うのが習慣になっていました。

でもホームベーカリーが家に来てからは一回も買っていません。

ホームベーカリーのパンの方が美味しいからです。

フランスパンも買わなくなりました。

人気のお店なので食パンやフランスパンを買いに行くと売り切れていることが良くありましたが、今は自分で焼けばいいので慌てて買いに行く必要も無くなりました。

2. パンが大好きになった

「ホームベーカリー買ったんだからそりゃそうだろう」と言われそうですが、僕は基本的にパンよりご飯が好きなご飯党でした。

パンとご飯どちらを選ぶかと言われたら迷わずにご飯を選ぶ人間だったのです。

家族にパン好きがいるのでパンは付き合いで食べていたようなものです。

ホームベーカリーが来るまでは。

でもホームベーカリーで作る焼きたてパンの旨さを知ってからはすっかり変わりました。

今は自分からパンを希望するくらい好きですし、休みの前の日は「明日の朝は何パン作ろうかな?」等と考える程になりました。

3. 何もつけずにパンを食べられるようになった

僕はパンを食べる時はかならずマーガリンやハチミツ、ジャム等を塗って食べていました。

そうしないと味気なくて物足りないのです。

でもホームベーカリーで作った出来立てのパンを食べてみると本当に美味しいパンは何もつけずに食べても美味しいということが解りました。

出来立てモチモチのパンを食べると、それに何か付けるのが逆にもったいなく感じるのです。

それに何もつけない方がパンの素の味がよく解って美味いです。

今では焼きたてのパンには何もつけないことが多いです。

4. 焼きたてパンの香りで幸せな気分になった

パン屋のドアをあけると何とも言えない香ばしい香りが鼻をくすぐります。

ホームベーカリーでパンが焼き上がると、家があのパン屋の匂いになります。

休みの日の朝、目が覚めてキッチンにいくとタイマーにしておいたパンが丁度焼き上がります。

ベーカリーの蓋をあけるとふわーっとパンの香りが立ち上り部屋中に広がります。

美味しいパンの香りにつつまれてとても幸せな気持ちになります。

その日が良い香りで始まるのは何とも言えない贅沢な気持ちがします。

5. 節約になった

これまでパン屋で食パンを買っていた時は1斤300円近くしていました。

でも自分で食パンを焼く場合

強力粉が250gで約110円

スキムミルクが6gで約10円

ドライイーストが3gで約30円

バターが10gで約30円。

あとは塩と水と電気だけです。

合計200円くらいだと思います。

これまで300円の食パンを買っていたので少しですが節約になっています。

しかも買うより美味しいパンが食べられるのです。

言うことありません。

まとめ

こんな感じで僕の家のホームベーカリーは購入以来ほとんど休みなく働いています。

先日焼きたてのパンを祖母の家に持っていきました。

祖母はそのパンを食べて「こんなに美味しいパンが食べれて長生きしててよかったわ」と言いました。

僕はそれだけで「ホームベーカリーを買ってよかったなぁ」と思いました。

ホームベーカリーを買った電気屋の店員さんが言ってましたが、最近のホームベーカリーは本当に性能が良くなって美味しいパンが簡単に焼けるようになったそうです。

僕が購入したのはパナソニックのSD-BMT1001-Tというホームベーカリーなんですが、基本的なパンは1万円位のホームベーカリーでも十分美味しく焼けるそうです。

もしホームベーカリーで作ったパンを食べたことが無い人は僕が紹介している機種じゃなくてもいいので是非手に入れてパンを作ってみて欲しいです。

僕はここ数年の買い物でホームベーカリーが一番いい買い物だと思っています。

美味しいパンは皆を笑顔にしてくれます。

少しでもホームベーカリーでのパン作りをする人が増えてくれると嬉しいなと思います。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました