年末ジャンボ宝くじの思い出

雑記

こんにちは、ゆんつです。

12月の風物詩と言えば年末ジャンボ宝くじ。

良く当たる売り場に行列が出来て、それをテレビのニュースが伝えるのもこの時期おなじみの光景です。

僕も毎年10枚だけ買っていますが末等しか当たったことがありません。

そんな年末ジャンボ宝くじなんですが、昔に祖父が年末ジャンボ宝くじを買ったことで家族内でちょっとした騒動が起きたことがあります。

今日はそのことについて書きたいと思います。

真面目人間が年末ジャンボ宝くじを買った結果

僕の祖父は仕事一筋の実直な人でした。

お酒も飲まずギャンブルもせずひたすら働いて3人の娘を育てました。

そんな祖父も仕事を定年して趣味の植木を手入れしたり、カルチャーセンターに通ったりして穏やかな老後を過ごしていました。

定年した年の年末。

3人の娘が祖父に「人生で1回くらい宝くじ買ってみたら?」と言いました。

祖父はそれまでギャンブルどころか宝くじも一度も買ったことが無かったのです。

祖父も「1回くらい買ってみるか」と言い、翌日年末ジャンボ宝くじの連番を10枚買ってきました。

この頃の1等の当選金はまだ1億円にも達していなかったと思います。

そして祖父は宝くじを買ってきた日から体調に異変をきたしてしまいます。

夜眠れなくなったのです。

何故眠れなくなったか。

「宝くじが当選して大金が手に入って、家族がそれを巡ってバラバラになったらどうしよう」ということで頭が一杯になったというのが原因でした。

僕たちはそんな祖父の悩みを聞いて大笑いしました。

100パーセント当たらないとは言えませんが、10枚買って1等が当たる確率は相当低く祖父にそこまでのくじ運があるとは思えません。

皆口々に「爺ちゃん心配せんでも当たらんよ」と言いますが、祖父はそんな言葉が耳に入らないようで一人深刻な顔をしています。

結局あまり眠れない日々が続いて祖母と一緒に病院に行くことになりました。

祖母によると病院の先生も祖父の悩みを聞いて絶句していたそうです。

そしてアドバイスと睡眠薬を貰って帰ってきました。

祖父は専門家に相談したことで気持ちが楽になったのか、もらった薬を飲まなくてもその日からぐっすり眠れるようになりました。

抽選日当日

祖父が買った宝くじは当たり前のように末等しか当たらずに祖父自身も「当たらんかったわ」と大笑いしていました。

そしてこれが祖父の人生における最初で最後の宝くじでした。

数年後祖父は病気で他界します。

葬式が終わり家族が祖父の遺品を整理していたところ祖父が生前つけていた雑記帳というタイトルが書かれた大学ノートが20冊くらい出てきました。

祖父は生前思いついたことなどをすぐに雑記帳に備忘的に書き残していたのです。

祖母がパラパラと雑記帳をめくっていると、あるページに「宝くじ」というタイトルがデカデカと書かれたページがありました。

そして箇条書きで

・墓の建て替え ○万円
・家の修繕 ○円
・金歯 〇円
・盆栽 ○円

といったように当選金の使い道が円単位でかなり具体的にびっしり箇条書きで書かれていました。

しかも金額の部分は何度も何度も消しゴムで消して書き直した跡がありました。

娘3人や孫である僕への小遣い各3000円も書かれていました。

祖父が何を思ってこんな事を書いたのか知れませんが、なぜそこまで自分が当たると思っていたのか不思議でなりません。

皆がそのページをみて笑う中、祖母だけはそのページをみて「私には1円も無い」と言って険しい顔をしていました。

「当たったわけでもないんだから別にいいじゃん」と思いますが、やはり似たもの夫婦なんでしょうね。

今年も買いました

今日が年末ジャンボ宝くじの最終発売日だったようです。

例年のごとく連番で10枚買ってきました。

実はこの画像を撮影する前に宝くじ10枚を机に並べて画像を撮影しました。

でもその撮影後にふと「番号が映ってたら、もし1等があたったときに大事になる」と思って、あわてて宝くじを袋に入れて番号が映らないように画像を撮影しなおしました。

祖父の血はしっかりと僕に受け継がれているようです。

それでは、またですー。

コメント