ダイソーの「アク取りブラシ」を試してみました

レビュー

こんにちは、ゆんつです。

つい最近みたテレビでダイソーの「アク取りブラシ」という商品が紹介されていました。

「アク取りブラシ」は筆のような形で、煮物をしたときに出たアクをさっとひと撫でしただけでアクがブラシに吸着し、それを洗いながすことで何度も使えるというものです。

僕はこれまでアク取りはダイソーの「アク取り名人」というオーソドックスなアクとりシートを使っていました。

煮物などをするときに、このアクとりシートを鍋に入れてグツグツ煮るとアクがシートにつくので最後に鍋から引き揚げてシートごとアクを捨てるというものです。

アク取りシートの場合当然使いまわしは効かないので毎回使い捨てになりますが、「アク取りブラシ」なら何度も使えて経済的でエコにも貢献できるような気がします。

というわけで早速買ってみました。

今日はこのアクとりブラシについて書きたいと思います。

使い方

アクが浮いて来たらサッと撫でるだけです。

テレビでやっていましたが、ついたアクは水で直ぐ流れるようです。

洗う時にはどうやら留め金を外すようですね。

使ってみる

早速アクがよく出る豚汁をつくってみます。

全ての材料を投入してグツグツ煮ていると良い感じでアクが出てきました。


さあ、アクとり棒の出番です。

さっとアクをひと撫で。

するとアクが筆に付きます。

後はこのブラシについたアクを洗い流せばいいだけです。

筆についたアクは水で簡単に流れますので、水を入れた器で筆を洗うようにジャブジャブすると筆から取れます。

こんな感じでアクが出たら撫でる→筆を洗うを繰り返します。

お玉でアクをすくって捨てていると、いつの間にか煮汁が少なくなってしまうことがありますが「アク取りブラシ」ならばほとんど煮汁が減らずにアクだけを取り除けます。

ブラシは頻繁に洗う必要は無く、ブラシの全面にアクがついてから洗えばいいのでアクが少ない場合は数回でほとんどのアクが取れると思います。

今回は3回程ブラシで撫でました。

3回撫で終わった後はこんな状態です。

綺麗にアクがとれていると思います。

使い終わった後は留め金を少し上に動かすとブラシが開くので水で洗い流します。

水だけでも一見綺麗になるんですが、やはりアクなので軽く洗剤で洗っておきました。

使い分けがいい

アク取り名人は落し蓋の代わりもしてくれていましたが、アク取りブラシでは落とし蓋の代わりにはなりません。

なので落とし蓋が不要なもの(カレーや豚汁など)には「アク取りブラシ」で、煮しめなどの落とし蓋が必要なものはやはり「アク取り名人」がいいと思われます。

まとめ

「アク取りブラシ」は煮汁をほとんど減らさずにアクが取れ、なおかつ手入れも簡単な優れものでした。

アクをお玉ですくったり、ペーパーに吸着させる方法は知ってましたが、まさかブラシで取る方法があるとは思いつきもしませんでした。

世の中には賢い人がいるものです。

これからは落とし蓋がいらないときは「アク取りブラシ」、落とし蓋が必要な時は「アク取り名人」と、2つのアク取りグッズを上手に使い分けていきたいと思います。

それでは、またですー。

コメント