ザ・タンサン・ストロングとウィルキンソンの飲み比べ

レビュー

こんにちは、ゆんつです。

僕が常に常備しているものに炭酸水があります。

愛飲しているブランドはウィルキンソンで、そのまま飲んだり、お酒を割ったりして楽しむので毎週1回スーパーで買いだめをしています。

強い炭酸水が好きな僕は以前こんな記事を書きました。

KUOSの炭酸水買ってみたのと、色んな炭酸水との飲み比べ
こんにちは、ゆんつです。 僕にとって絶対に欠かせないものがあります。 それは炭酸水。 僕は炭酸水をそのまま飲んだり、お酒や果汁を割るのに使ったりと、炭酸の消費量がかなり多いのです。 スーパーに行くと色んな炭酸水が

ネットで評判のよかったKUOSという強炭酸水を買って、ウィルキンソンや他の炭酸水と飲み比べをしてみたのです。

飲み比べてみてウィルキンソンの美味しさを再認識させられる結果となりました。

その後も僕は美味しい強炭酸水を探していたんですが、今年の2月頃に新聞である記事を見ました。

それはコカ・コーラが「ザ・タンサン・ストロング」という強炭酸水を2018年3月26日から発売するという記事でした。

ネットで調べてみると

「ザ・タンサン・ストロング」「ザ・タンサン・レモン」 3月26日(月)から全国で発売

間違いないようです。

その日から僕のカレンダーには「3月26日には必ず新発売の強炭酸水を買う事」という予定が加わりました。

そして3月26日

忘れずに買って参りました。

今日はいつも飲んでいるウィルキンソンとザ・タンサン・ストロングの飲み比べをしてみたいと思います。

栄養成分の比較

ウィルキンソンザ・タンサン・ストロング
内容量500ml490ml
エネルギー0kcal0kcal
たんぱく質0g0g
脂質0g0g
炭水化物0g0g
食塩相当量0g0.05g

内容量はウィルキンソンに比べ、ザ・タンサン・ストロングが10ml少ないです。

そして食塩相当量はウィルキンソンが0gに対してザ・タンサン・ストロング0.05gとごくわずか食塩が入ってるようです。

これが味にどう影響するのかが楽しみです。

飲み比べてみよう

コップに注いでみます。

向かって左がウィルキンソン、右がザ・タンサン・ストロングです。

見た目的には、どちらも変わりませんね。

飲んでみましょう

まず飲みなれてるウィルキンソンから

ゴクッゴクッ

相変わらず炭酸の切れが良くて余計な味がせずに美味しいです。

炭酸を口に含むと炭酸の粒がシュワシュワーっと口の中を駆け巡りプチプチ弾けるんですが、炭酸の粒の大きさとか弾け加減が本当に丁度いいんですよね。

これだからそのまま飲んでも美味しいし、割材として使っても美味しいんですよね。

流石100年以上のブランドの歴史があるだけあります。

次に楽しみにしていたザ・タンサン・ストロングを飲んでみます。

ゴクッゴクッ

おおーっ!!

炭酸の強さがウィルキンソンに近い!

ウィルキンソンの方が少しだけ炭酸は強いんですが、あまり遜色ないくらい炭酸が強いです。

これまで強炭酸と呼ばれたものを色々と購入してきましたが、炭酸の強さがウィルキンソンくらい強い物は無かったのです。

でもこれはウィルキンソンに近いくらいの炭酸の強さがあります。

炭酸の粒の感じはウィルキンソンより少し小さい感じがしました。

そして味。

こちらはウィルキンソンと違い微量な食塩が入っているようですが、最初に口に含んだ時に舌にかすかに塩分を感じるを程度で気になりません。

ウィルキンソンと同じような味で、飲みやすくてゴクゴク飲めます。

ぼくは正直飲んでみる前は「どうせウィルキンソンの方が圧倒的に美味しい」という結論になりそうだったのでびっくりです。

まとめ

ウィルキンソンとザ・タンサン・ストロングを比較してみるとこんな感じです。

ウィルキンソンザ・タンサン・ストロング
炭酸の強さ 強い強い
 すっきりかすかな塩気ですっきり
後味 さわやかさわやか

炭酸の強さはどちらも強いです。

でも、どちらかというとウィルキンソンの方が炭酸の粒が大きく少しだけ強く感じます

擬音で例えるならウィルキンソンはバチンバチンと炭酸の粒が大きく強く弾ける感じなのに対し、ザ・タンサン・ストロングはパチパチといった感じで炭酸の粒がウィルキンソンよりも細かく、ウィルキンソンよりは控えめに弾ける感じなのです。

味はザ・タンサン・ストロングは塩分が入っている分、ほんのわずか塩気を感じますが気にならない程度です。

後味はどちらも飲み終わった後は口の中がさっぱり爽やかで全くの互角です。

これまで僕の中ではウィルキンソンに並ぶ炭酸水は存在しませんでしたが、ザ・タンサン・ストロングはかなりウィルキンソンに肉薄しています。

それでもやはり僕はウィルキンソンが好きです。

その理由は

ウィルキンソンンのほうが炭酸がやや強い。

容量量が10mlウィルキンソンの方が多い。

ウィルキンソンは塩分が0。

以上の3点の理由により僕はウィルキンソンのほうを上にとりたいと思います。

でもここまでウィルキンソンに近い炭酸を作れるのはさすがコカ・コーラだと思いました。

色んな炭酸水を飲んできましたが、ウィルキンソンとは比べ物にならない物ばかりだったのに、ザ・タンサン・ストロングは炭酸水の世界で1強のウィルキンソンをひょっとしたら脅かすかもしれない可能性を感じました

これまでウィルキンソンが売り切れているときはセブンイレブンの炭酸水を代用していましたが、ザ・タンサン・ストロングの方がはるかに美味いので、ウィルキンソンが無いときにはこちらを買おうと思います。

しばらく時間がたてばマイナーチェンジがあるかもしれないので、その時にはまたレビューしてみたいと思います。

それにしても炭酸水を2本も飲むと、お腹がパンパンになりますね(笑)

良いダイエットになりそうです。

それでは、またですー。

コメント