下関園芸センターに行ってきました

行ってみた

こんにちは、ゆんつです。

春は色々な植物が芽吹きます。

道を歩いているだけでも色んな花が咲いていて心が弾む季節です。

僕が住んでいる下関市には沢山の植物を無料で見ることが出来る施設があります。

それが下関園芸センター。

園芸センターからのお知らせ 爽やか系草花、そろっています! | 下関市
園芸センターからのお知らせ 爽やか系草花、そろっています!

今日は下関園芸センターについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

下関園芸センター

センター内の地図はこんな感じになっています。

まずは入口右手側にある観賞用温室に行ってみます。

温室の中に入ると天井までつきそうな「カジュマル」や「たびびとの木」というマダガスカル原産で最大20メートル以上になるというとても巨大な葉を持つ植物や、名前は忘れましたが凄く色鮮やかな花など普段見ることが無いような珍しい植物が沢山生えていました。

奥に進んでいくと池があるんですが、そこでは下関園芸センターオリジナルのスイレン「海峡のスイレン」が可愛らしく咲いていました。

この温室は2階建てになっているので2階に上がってみます。

先ほど1階から見上げていた大きな植物の葉などを間近でみることができます。

「たたびびとの木」の葉っぱです。

デカい!

なんか上下左右すべてが植物だらけでジャングルを冒険しているような気分がしてテンションが上がってきます。

小学生くらいの男の子達が周りを見回してとても楽しそうにはしゃいでいたのが印象的でした。

観賞用温室を後にして、熱帯果樹温室に行ってみます。

ちなみに観賞用温室の近くには記念樹のしだれ桜もあるんですが、4月の初めにはもう花びらがほどんど散って葉桜になっていました。

熱帯果樹温室の入り口に立つといきなり見覚えのある果物が。

皆よく食べる果物がぶら下がっています。

バナナだバナナだ!!

まだ青くて食べられないでしょうが、しばらくしたら黄色く熟れてくるんでしょうね。

他にもアボガドやスターフルーツ、コーヒーの木などありましたが、これらの木はまだ実がついていないようでした。

先に進んでいくと

なんか、でっかいものがぶら下がっています。

これは何だと思いますか?

これはパパイヤの実です。

でっかいなー。

普段は果物屋さんで売られているフルーツが木に実っているのを見れてまたまたテンションがあがりました。

熱帯果樹温室を出て次はサボテン温室にサボテンを見に行きましょう。

室内一面サボテンだらけ。

このまん丸のサボテンは金鯱(キンシャチ)といってメキシコに自生するサボテンのようです。

とてもとげとげしい見た目ですが、

こんなに可愛らしい黄色い花が咲きます。

とにかくここは尖った奴ばかりで、青春時代の自分を見ているようでした(嘘)

続いてバラ園へ。

バラ園の開花時期は5月みたいで、まだ全然咲いていませんでした。

僕の目を引たのはバラ園の後ろにうっすらと見えるものです。

人かな?

いや、かかしです。

これらのかかしの中でも

アムロちゃんが僕の心を捉えました。

僕の知ってるアムロちゃんは顔が小さくてスタイルがよくスターのオーラを身にまとっていますが、こちらのアムロちゃんは随分庶民的な体型で親しみやすいです。

アムロちゃんに別れを告げてバラ園を上に上がると沢山の盆栽やまだ葉もついていない藤棚がありました。

5月になればこの藤棚から藤の花が垂れ下がってカーテンみたいになるんでしょうね。

盆栽の横にある実習室では2018年9月14日から11月4日まで開催される「山口ゆめ花博」のスタンプラリーのスタンプが押せるようになっていました。

夢花博はまだ始まってませんが、スタンプラリーは去年の11月から始まっていたようです。

集めるかどうかは別として、僕も記念にスタンプを押してきました。

県内の指定された会場で押せるスタンプを所定の個数集めて応募すると、抽選でプレゼントが当たるようです。

ここまで紹介した場所以外にも梅園やツバキ園、ボタン園など様々な見どころがあるのですが、梅とツバキは2月から3月あたりが見ごろで、ボタンは4月下旬からが見ごろと、訪問した4月初旬はちょうどその狭間ということで花はありませんでした。

また時期をずらして、これらも見に行ってみたいと思います。

アクセス

営業時間等

営業時間

9時~16時

休園日

年末年始(12月29日~翌年1月3日)

まとめ

色んな植物をみているうちにあっというまに2時間以上経っていました。

周囲の環境も静かで、花を楽しみながら散策するのにこれ程良い場所は滅多にないと思います。

春夏秋冬それぞれの季節で盛りの来る多種多様な植物が植えられているので、どの季節に行っても何かしらの花が満開になって楽しめるようになっています。

そんな贅沢な場所が無料というのがまた嬉しいです。

植物好きな人なら下関に来たついでに観光で来ても損のない場所だと思います。

普段は果物屋で実だけしか見れないバナナやパパイヤなどの果樹は、大人が見ても子供が見てもとても楽しいです。

良い時間を過ごすことが出来ました。

もし下関に住んでいて行ったことがなかったり、下関の観光スポットを探している場合、是非この「下関園芸センター」に行ってみることをおすすめします。

又来るよアムロちゃん。

それでは、またですー。

行ってみた
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました