黒瀬スパイスを使ったからあげ

料理

こんにちは、ゆんつです。

僕は、肉料理や魚料理に「黒瀬スパイス」というスパイスを良く使っています。

スパイスなのに刺激がきつすぎず、丁度良い風味と塩加減の黒瀬スパイスは、安いお肉や魚がかけるだけで美味しくなる、まさに魔法のスパイスです。

まさに魔法の黒瀬スパイス
こんにちは、ゆんつです。 僕は以前からずっと興味を持っていたものがあります。 それは、これです。 「かしわ屋くろせ」の「黒瀬スパイス」というものです。 YouTubeのアウトドア系の動画などでよく登場

この黒瀬スパイスは、揚げ物の下味としても大活躍してくれます。

特に「からあげ」との相性は抜群です!

今日は、

黒瀬スパイスを下味に使った簡単なからあげ

をご紹介したいと思います。

材料(2~3人前)

鳥のもも肉 300g

黒瀬スパイス 適量

酒 大さじ1

小麦粉 大さじ1

片栗粉 大さじ1

揚げ油 適量

手順

手順はとっても簡単です!

鶏肉を黒瀬スパイスと酒で揉み込む

鶏肉を適当な大きさに切ります。

適当な大きさに鶏肉を切る

そして。ビニール袋に鶏肉を入れて、黒瀬スパイスと酒を入れてよく揉みます。

鶏肉と黒瀬スパイスと酒をもみ込む

1時間放置

下味をしみ込ませるために、1時間くらい冷蔵庫に放置します。

小麦粉と片栗粉を入れて振る

1時間経ったら、小麦粉と片栗粉を入れて袋をよく振ります。

小麦粉と片栗粉を入れる

これで肉全体に小麦粉と片栗粉がまんべんなくつきます。

袋を振って小麦粉と片栗粉をまんべんなくつける

1回目の揚げ

「からあげ」は2度揚げをします。

1回目は160℃で揚げていきます。

菜箸を鍋底につけたら、箸先からポツポツと小さい泡がたつのが160度の目安です。

1回目の揚げは160℃で3分

投入してすぐに触ると衣が剥げやすいので、投入後1分は触りません。

片面をそれぞれ1分30秒ずつ揚げて、一旦油から取り出します。

3分間放置

1度揚げの段階では揚げ色が薄いですが、2度揚げでちゃんと色がつきますので大丈夫です。

3分間放置している間に余熱がお肉の中心に通っていきます。

2回目の揚げ

2回目の揚げは180℃で行ないます。

菜箸を鍋底につけて、菜箸から小さな泡が勢いよくシュワシュワ出てくるのが180℃の目安です。

2回目の揚げは180℃で2分

片面1分ずつ揚げて引き上げます。

完成

良い色に揚りました。

黒瀬スパイスを使ったからあげの完成!

黒瀬スパイスを使ったからあげの完成です!

動画あるので、もしよかったらご覧ください。

黒瀬スパイスを使ったからあげ!

実食

表面はカリカリでサックサクなので、噛むと程よい歯ごたえがあります。

黒瀬スパイスを使ったからあげ

タレへの長時間の漬けこみや、手の込んだ味付けをしなくても、黒瀬スパイスを使うことで充分美味しい下味がついてます。

香りが良く、とてもあっさりしてて、なおかつ美味しい。

熱々をハフハフ言いながら食べると最高です。

1個、またもう1個であっという間に全部無くなってしまいます。

僕は黒瀬スパイスを知るまで、鶏の唐揚げの下味はショウガとニンニクをすりおろし、醤油や酒等と揉み込んで半日ほど浸けこんだのちに揚げていました。

その唐揚げは僕の中で結構自慢のレシピだったのです。

でも、友人から

黒瀬スパイスのからあげの方があっさりしてて美味いしい

と言われてしまいました。

自分で食べても、悔しいかな黒瀬スパイスを下味に使った唐揚げの方が美味かったです(笑)

僕は酒や片栗粉を入れましたが、もっとシンプルに黒瀬スパイスで下味をつけて小麦粉をつけて揚げるだけでも充分美味しい唐揚げになると思います。

万人受けする味だと思いますので、もし興味があったらやってみてください。

それでは、またですー。

コメント