SimplicityからCocoonに乗り換えます(準備編)

Cocoon

こんにちは、ゆんつです。

僕のブログのテーマはSimplicityを使っています。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

無料にもかかわらずとても使いやすいテーマで、僕がブログを続けられるのはこのテーマのお陰です。

そのSimplicityの作者わいひらさんがcocoon(コクーン)と言う新しいテーマを制作されました。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

CocoonはSimplicityのシンプルな設計思考はそのままに、Simplicityのフォーラムに寄せられた要望などを取り込んで作られたSimplicityの後継テーマということです。

まだテストバージョンのため一般公開はされていませんが、ユーザー登録をすることでテストユーザーとしてこのテーマを利用することが出来るようです。

今のSimplicityに不満はないですが、僕は新しい物好きですぐに試してみたい性格なのです。

そこでこのブログのテーマをSimplicityからCocoonに変更しようと思います。

今回は実際に変更する前の準備編です。

スポンサーリンク

Cocoonの特徴

詳細はCocoonのホームページに書かれています。

その中でも僕が気に入ったのは

・ページ高速化対応

プラグインに頼らなくともテーマ側の設定だけでGoogleの表示速度測定ツールPageSpeed Insightsが高得点をとれるように設計されているそうです。

僕はこれまでプラグインを入れたりして色々なスピードアップ化を試していますが、テーマの側でスピードアップ対策ができればいう事がありません。

・モバイルフレンドリー

現在僕のサイトはPCよりもスマホなどのモバイル機器で閲覧してくれる人の方が多いです。

Cocoonは出来る限りモバイルに最適化されるように作成されているとのことです。

・吹き出し

最近、アイコンと吹き出しを使って「片方が質問して、片方が説明する」というような会話形式で文章が進められているブログを良く見ます。

会話形式の文章は「Speech Bubble」などのプラグインを使って作成することが多いのですが、Cocoonはプラグインを使わなくてもその機能を備えているので、アイコン付き吹き出しが手軽に作れ、簡単に会話形式の文章を作成することが出来ます(下の画像は実際のものでは無く僕が勝手に作ったイメージです)。

・定型文のテンプレート化機能が装備されている

何度も書くような宣伝文句などはこれまでメモ帳などからコピペしていましたが、Cocoonでは定型文としてテンプレートに登録しておくことで、簡単に定型文を挿入することが出来るようになります。

他にも沢山便利そうな昨日は沢山ありますが、これらの機能があるだけでも使ってみたくなります。

乗り換え前の確認

乗り換え前に理解しておかなければならないことがあります。

1. 現在のプラグインが全て使えるかどうかはわからない

Simplicityでは使えていたけども、Cocoonでは相性が悪いものもあるかもしれません。

テーマの変更後に使いながら動作を確認することが必要になります。

2. これまで行なってきたカスタマイズはやり直し

これまでメニューやウィジェットやCSSを色々とカスタマイズしてきましたが、テーマが変わればそれもやり直しです。

3. Googleサーチコンソールやアナリティクスの再設定

検索結果を分析するGoogleサーチコンソールやアクセス数等を分析するGoogleアナリティクスを導入している場合は、これらをCocoonで設定し直す必要があります。

4. Googleアドセンスや広告の再設定

僕のブログにはアドセンスや広告を貼っていますが、これらの広告はSimplicityのウィジェットという機能を使って貼っています。

Cocoonに乗り換えた場合は、当然Cocoonのウィジェットに設定し直さなければなりません。

手順の確認

新しいテーマCocoonを導入して、今のブログと同じような状態にするまでの手順の確認です。

手順1. 今の状態をバックアップ

失敗しても戻れるように現在の状態をプラグインでバックアップしておきます。

手順2. テーマの導入

Cocoonをダウンロードして導入します。

手順3. Googleサーチコンソールやアナリティクスの再設定

Googleサーチコンソールに利用する「Google Search Console ID」やGoogleアナリティクスに使用する「トラッキングID」を取得しCocoonで設定を行います。

手順4. Googleアドセンスや広告の再設定

これまでSimplycityのウィジェットに貼りつけていた広告コードを、Cocoonのウィジェットに貼りつけます。

手順5. 現在使っているプラグインの動作確認

現在導入しているプラグインが動作するか使いながら確認します。

Cocoonが元々持っている機能と重複するプラグインは外しても良いかもしれません。

手順6. CSSのカスタマイズ

CSSをカスタマイズして見た目を自分の好きなように変えます。

 

以上のような流れになると思います。

とりあえず手順4の「Googleアドセンスや広告の再設定」までやればブログとしての体裁は整うので、手順1~4までをやって手順5以降は空いた時間にゆっくりやろうと思います。

次回はいよいよ実際にテーマを導入してみます。

それでは、またですー。

Cocoon
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました