簡単に割れるガラスのハート

雑記

こんにちは、ゆんつです。

人間の性格は十人十色で細かい事は気にせずにおおらかな人と、細かいことが気になって後に引きずる人がいます。

僕は見た目はガサツですが、割とガラスのハートでちょっとしたことが気になるタイプです。

そしてそのガラスのハートはいとも簡単にパリンと割れます。

今日はここ最近でガラスのハートが割れた事について書きたいと思います。

外国人から写真を頼まれて

この前地元の観光スポットに行ってきました。

そこは最近外国人の観光客が増えているらしく、その日も多くの外国人を見かけました。

僕が景色を見ながらその観光スポットを歩いていると大きなリュックを担いだ外国人の女性と目が合いました。

すると彼女はデジカメを僕に差し出し写真を撮ってくれと言うようなゼスチャーをします。

僕は「OK、OK」といいながらカメラを受け取り自分なりに構図を考えて写真を撮りました。

撮影を終えて彼女にカメラを返すと液晶で僕が撮影した画像を見て少し考えるような間があってから「サンキュー」と言ってくれました。

僕は「良い事をしたなあ」と思い再び歩き始めました。

何歩か歩いて先ほどの場所を振り返ると、彼女はさっき僕にしたのと同じように他の人にカメラを差し出して写真を撮ってくれというゼスチャーをしています。

気になった僕は撮影の様子を見ていました。

撮影が終わりカメラを受け取った彼女は直ぐに液晶を確認した後、ニコニコ笑顔で「サンキューサンキュー」と言いながら撮影者のがっちり握手をしてその場を離れました。

ごめんよ、撮影が下手で・・・

美容室のチラシ

先日電車で他県に行く用事がありました。

駅を出ると若くてカッコいい兄ちゃんがチラシを配っていました。

僕の前には大学生っぽい男の子が歩いていました。

兄ちゃんはその子にチラシを渡すと、僕をスルーして僕のすぐ後ろを歩いていた若い人にチラシを渡していました。

僕の前を歩いていた大学生っぽい子がチラシをそのまま地面に捨てました。

見ると美容室のチラシでした。

きっと僕の顔が床屋顔だったからチラシをくれなかったんだと思います。

ケチャップ

この前新しいケチャップの封を開けていました。

キャップを外しケチャップの出口に貼られている銀紙を外します。

その瞬間。

ケチャップが手から滑り落ちそうになり僕は思い切りケチャップを握りしめてしまいました。

ケチャップを開ける時は手にもってやらずに下に置いてやりましょう。

弁当

この前仕事の研修でお弁当が出ました。

お弁当のおかずは野菜中心であまり僕好みではない弁当でした。

そんなお弁当の中で唯一輝きを放つおかずがありました。

それはコロッケ。

そのお弁当の中の唯一の肉っ気です。

僕は野菜のおかずを先に全部片付けて最後にコロッケを口に運びました。

コロッケの中身はおからでした。

直ぐに割れるガラスのハート

こんな感じで僕の心のガラスは毎日毎日プレパラートのようにいとも簡単に割れているのです。

「こんなに簡単に割れるんじゃ毎日大変だろう」と思われるかもしれませんが、僕の心の中には無限のガラスのスペアが用意されていて、まるでわんこソバのように割れた瞬間にすぐに新しいガラスがはめ込まれるので、ガラスのハートでありながら毎日楽しく生きていけるのです。

それでは、またですー。

コメント