網戸の小さな破れを「網戸補修シール」で治してみました

やってみた

こんにちは、ゆんつです。

今、僕の家の網戸の一部はこんな感じで破れています。

観葉植物を家の中から外に出そうとしたときに手を滑らせ、枝を網戸に当ててしまいこうなってしまいました。

破れた部分の面積は縦2cm×横3cmくらいです。

一瞬網戸を張り替えることを考えましたが、流石にこれくらいの破れで網戸を張り替えるのは勿体ないです。

虫が入って来なければ良いだけなので、この部分を塞げるパッチのようなものがあればそれで十分です。

というわけで、網戸の小さな破れを治せるパッチを探しにダイソーに行きました。

ありました。

「網戸補修シール」です。

今日はこの網戸補修シールを使って網戸の修理をしてみたいと思います。

商品内容

シートの大きさは1枚当たり45mm×45mmで8枚入っています。

これと同じタイプの商品で大きさが倍の90mm×90mmで2枚入りのものも売っていましたので、大きな破れにはそちらをつかうと良いでしょう。

シートと台紙が接している部分に接着剤がついており、台紙からシートをはがして補修箇所に貼りつけて破損個所を塞ぎます。

接着剤がついていない箇所の面積は縦が約25mm、横も約25mmでした。

網戸の破れを修理しよう

修理の方法は至って簡単です。

シートはシール状になっているので、それを破れた部分にペタッと貼るだけです。

パッケージの裏面に説明が書いてあるので、説明通りにやっていきます。

1. シートを貼る場所の汚れを綺麗に拭き取る。

シールがちゃんと網戸にくっつくように、まず修復箇所の周辺をタオルや雑巾などで拭いてほこり等を落としておきます。

2. 破れた部分の網をハサミでキレイに整える。

破れた部分をハサミで四角く整えます。

3. 破れた部分に補修シートを貼り付ける。

台紙からシートをはがすとベトベトした接着面が現れますので、シートを網戸に貼り付けます。

完成。

5分もかかりません。

と、貼り終わってから一つ疑問が湧きました。

「網戸補修シールは外から室内に向かって貼るのが正しいのか、室内から外に向かって貼るのが正しいのか?」という疑問です。

僕は室内から外に向かってもう貼ってしまいましたが、少し調べてみました。

「室内から外に向けて貼る」と「外から室内に向けて貼る」のどちらの意見もあり、外から室内に向けて貼った方が良いと考える人は「接着面を外に向けると雨が降った時に接着力が落ちそう」というのが根拠で、室内から外に向かって貼るほうが良いと考える人は「内側から塞いだ方が、室内で生活していて補修箇所に指などが触れて穴が更に広がるのを防ぐことが出来る」というのが根拠のようです。

どちらも一理あると思うので、あまり貼る向きを気にしなくても良さそうですね。

粘着力について

網戸補修シールの粘着力ですが、貼りつけた後少し力を入れて引っ張ってみましたが外れるような事はありませんでした。

説明書には

何回も貼り直しすると接着力が弱くなります

と書かれていたので、網戸補修シールを貼る部分をあらかじめキレイに掃除して1度でピタッと貼るのが強く粘着させるコツかも知れません。

まとめ

網戸補修シールで簡単に網戸の穴を修理することが出来ました。

網戸を張り替えるまでもないような小さな破損には網戸補修シールが最適だと思います。

ダイソーには網戸を部分的に修理するシートだけでなく、網戸の全面的な貼り替えに使えるような大きな網や、網戸を枠に固定するためのゴムやローラーまで売っています。

手間さえ惜しまなければ数百円で網戸の貼り替えまで出来てしまいます。

本当に便利ですね。

本格的な蚊のシーズンを迎える前に、しっかりと網戸が修理出来て大満足です。

もし網戸に小さな破れがある場合、この網戸補修シールを使われてはいかがでしょうか?

それでは、またですー。

コメント