ローズマリーを挿し木してみよう

園芸

こんにちは、ゆんつです。

以前3年間育てていたローズマリーを枯らしてしまった記事を書きました。

ローズマリーを枯らしました
こんにちは、ゆんつです。 僕の家ではローズマリーというハーブを3年くらい前から育てています。 ローズマリーは花も小さくてかわいらしく鑑賞するのも楽しいんですが、 ハーブなので料理に使ったり、お風呂に入れたりして

植木鉢から取り出してみると根がぎっちり詰まっていたので、おそらく根詰まりが原因だと思います。

同じ失敗をしないことを胸に刻みつつ、祖母の家の庭から新たなローズマリーを頂いてきました。

これを挿し木にして2代目ローズマリーを作りたいと思います。

スポンサーリンク

挿し木の用土

ローズマリーの挿し木にはバーミキュライトを使います。

挿し木が失敗する1番大きな理由は、切り口から雑菌が入ることです。

バーミキュライトはひる石という石を高温で焼いて作られるため、その燃焼の過程で雑菌が死滅しほぼ無菌です。

なので挿し木にはうってつけというわけです。

挿し木の方法

1. 先端から15cmくらいのところを切る

この先端の部分が挿し木になります。

先端よりずっと下の方の既に硬く木のようになっている部分は挿し木には向かないそうです。

切り口は斜めにします。

2. 下の方の葉を取り除く

挿し木したときに土の中に埋まってしまう部分の葉を取り除きます。

こうしておかないと葉が水に浸かり腐りやすくなってしまいます。

3. 半日くらい水につけておく

挿し木に充分水を吸わせます。

4. 植える

用意しておいた用土にスッと差し込んで完了です。

後は根が生えてくるのを待つだけです。

挿し木の水やりは、普通のローズマリーと同じく表面が乾燥したらたっぷりあげます。

順調なら約1月で発根するようです。

挿し木をしたのは2018年4月7日です。

実験

用土の違いで発根にどんな差が出るのが実験してみたいと思います。

バーミキュライトのみ

赤玉土のみ

水のみ

発根促進剤等は使っていません。

1か月後

約1か月経った5月上旬。

ローズマリーの挿し木はどうなっているでしょうか?

まず水だけ

全然根が出ていません。

でも、これは色んな情報をみても一番根が出にくい方法のようなので想定通りです。

続いて赤玉土

これも出てない・・・

でもまだ大本命が控えています。

さあバーミキュライトはどうだ!

出てない・・・

全部根が出てません!

何がいけないんだ?

でも枯れてもいないので、このまま根が出るまで水やりをしながら放置しておきます。

2か月後

6月初旬。

水に差しておいたローズマリーから根が出ているのを発見しました!

やったやった!

もう期待していなかったのでとても嬉しいです。

水だけで発根したということは恐らくバーミキュライトも赤玉土も発根していると思います。

赤玉土

・・・出てない。

なんか挿し木がカサカサして葉っぱもポロポロ落ちてこのまま枯れそうです。

バーミキュライト

駄目だ・・・

というわけで僕の家のローズマリーの挿し木は水のみが唯一発根し、赤玉土とバーミキュライトでは発根しませんでした。

普通は用土を使った方が発根しやすくて水だけの場合よりも発根が早いはずなんですが、全く逆の結果となってしまいました(笑)

鉢に植え替えよう

根も出たので鉢に植え替えます。

市販のハーブの土を入れた植木鉢に植え直して完了

早く大きくなれよー。

バーミキュライトと赤玉土の未発根組も枯れるまでは面倒を見ようと思います。

ということで、もらってきたローズマリーは水に浸けておいたものだけ無事に根が出ました。

根詰まりで枯らしてしまった経験を踏まえて、今回は枯らさない様に育てたいと思います。

また何か変化があったら記事にしたいと思います。

それでは、またですー。

園芸
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました