海で死にかけた思い出話

雑記

こんにちは、ゆんつです。

梅雨も明けて本格的な夏の到来です。

夏と言えば海!

僕が子供の頃は毎日のように海で遊び、夏が終わる頃には真っ黒になっていました。

海は遊びの宝庫です。

泳いでも楽しい。

砂浜で砂遊びをしても楽しい。

魚や貝の観察をしても楽しい。

何をやっても楽しいのが海です。

でも僕は子供の頃そんな海で死ぬかと思うような怖い経験をしたことがあります。

今日はそのことについて書きます。

戻れない!!

中学1年の頃です。

夏休みに入り毎日のように海に行ってましたが、ある時台風が到来ししばらく海で泳げない日々が続きました。

台風が遠くに過ぎ去り僕は泳ぐ気満々でしたが親からは「台風が過ぎてまだ間もないからまだ泳いではいけない」と言われていました。

でも我慢が出来ませんでした。

日中親がいないのをいいことに、僕は友達3人と海に行きました。

これまでも台風が過ぎ去った後に何度か泳いだ事はありますが何も起こらなかったからです。

普段は青色の海も、台風が過ぎ去ったあとの海は海底から砂が巻き上げられて茶色く濁っています。

でも波もそれほど高くなく僕たち以外にも泳いでいる人が数人いました。

僕たちはいつもと同じように休憩用の浮き輪を1つだけ持って沖に向かって泳ぎ始めました。

中学生になると足のつかない深いところで泳ぎます。

僕たちは水深2mくらいのところで時々浮き輪に捕まって休みながらもぐったり泳いだりしていました。

しばらく遊んでいるといつも遊んでいる場所よりも随分沖まで流されていました。

友達の1人が「そろそろ岸に戻ろう」と言ったので僕たちは岸に向かって泳ぎ始めました。

ところが泳いでも泳いでも岸には近づかず、今いる場所にとどまるのがやっとです。

何か大きな力で体が沖のほうに引っ張られている気がします。

ここで初めて全員が「ヤバい!」ということを意識しました。

3人で浮き輪に捕まり掛け声をかけならタイミングを合わせて一生懸命バタ足をします。

でも全く岸に近づきません。

友達の1人は「なんで進まんのや!」といいながら顔から血の気が引いていました。

もう1人の友達も「これヤバいぞ!」と言います。

僕のバタ足をしながら「ひょっとしたら死ぬかもしれん」ということだけが頭に浮かんでいました。

発想の転換

どれだけ足をバタバタさせても岸に近づかない状況の中、友達が言いました。

「岸は諦めて、方向を変えて岩場を目指そうぜ」

僕たちの右手側の方向には、岸までの距離と等距離くらいの場所に岸から突き出た岩場があったのです。

彼は岸ではなく、そちらを目指そうと言ったのです。

僕たちは岸方向から岩場方向に向きを変えバタ足を開始しました。

すると少しづつですが進んでいる実感がありました。

しばらくバタ足を続けていると明らかに岩場に近づいています。

「これで帰れるぞ!」

泣きそうだった皆の顔に笑顔が戻り全力でバタ足を繰り返しました。

しばらくバタ足を続けなんとか岩場まで何とかたどり着いたものの、今度は岩場に上がるのが一苦労です。

岩はギザギザで急角度。

それに岩の周りには貝や海藻などがへばりついていて中々上がれないのです。

それでも皆必死で岩場にしがみつきなんとか岩場に登りました。

岩場に登っている最中、波で岩場に体を叩きつけられたり足にチクっとした痛みを感じましたが助かった喜びの方が大きく、岩場に登った時は全員で手を取り合って「助かった助かった」と言い合いました。

全員の腕や足や体には岩場でこすれてできた擦り傷があり、血がにじんでいました。

親に知られると絶対に怒られるので、僕たちは自転車に乗り海から帰りながら「今日の事は絶対内緒にしよう」と約束しました。

家に帰るとほっとしたのか、いままであまり気にならなかった足の裏がズキズキと傷み始めます。

良く見ると足の裏にはウニのとげが5か所刺さっていました。

自分で抜こうとしましたが、皮膚の下に入っていて抜けません。

夜になると痛みが増してきて歩くのにも足を引きずるようになってしまいました。

仕方なく親に「海でウニを踏んだ」と「布団がふっとんだ」みたいなダジャレ的な説明をし、それを聞いた父親から「今日は泳ぐなって言ったろ!」と引っ叩かれた後、毛抜きと針を使って1本ずつ抜いてもらいました。

ウニのトゲを一本抜くごとに、赤ワインのコルクを抜いたように血があふれ出てきました。

海を舐めていました

あの頃の僕たちは完全に海を舐めていました。

それまで海で遊んでいて命の危険を感じたことは無かったからです。

そんな油断が台風が通過して間もない海で泳ぐという命知らずの行動につながったのです。

多分あの時休憩用の浮き輪がなかったら、僕たちは岸に戻れず力尽きて海の底に沈んでいたと思います。

今でも時々思い出しては背筋が寒くなる出来事です。

海はとても楽しい遊び場ですが、ちょっとの油断で簡単に命を落としてしまう場所でもあります。

決して無茶をせずに安全に遊びましょう。

それでは、またですー。

コメント