「日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん」食べてみました

食品

こんにちは、ゆんつです。

2018年の9月3日に日清食品から「日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん」が発売されました。

「日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん」(9月3日発売)
日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、「日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん」を2018年9月3日(月)に全国で新発売します。

セールスポイントは「思わず飲み干したくなる “くり~み~リッチ” なカレーつゆ! 」

和風だしをきかせたコク深い味わいのツユが飲み干したくなるほどまろやかなので”くり~み~リッチ” というネーミングになったようです。

もう発売から約1か月たっていて今更感がありますが、遅ればせながら昨日これを食べたのでレビューしたいと思います。

成分表示等

どん兵衛というと丼型の容器がお馴染みですが、これはカップヌードルのような容器です。

カロリーは438kcal。

どん兵衛の普通のカレーうどんは381kcal(西日本は379kcal)なのでやや高めのカロリーですね。

アレルギーに関してはこのような感じになっています。

食べてみよう

かやくの具は味付け油揚げ、人参、ネギ、フライドオニオンです。

熱湯を入れて5分待ちます。

完成。

よくかき混ぜてからいただきます。

カレーうどんというとまっ黄色のツユを想像しますが、このツユは少し白色がかった黄色になっています。

「リッチ」という言葉から濃厚でどろっとしたスープをを想像していましたが、スープにはほんの少しとろみがついていますが、どちらかというとサラサラした感じです。

香りもカレーの香りがガツン!という感じではなく、ふんわりとしたカレーの香りとダシの香りが半々というような感じ。

いただきまーす。

ますはスープから。

ズズッ・・・

カレー味ですが辛くなくほんのりとした甘さもある、やさしい味のスープです。

加えてフルーティーな味わいもあります。

クリーミーさはあまり感じませんが、とてもまろやかで飲みやすいスープです。

麺は平べったくてきし麺みたいな、普通のどん兵衛に使われている麺と同じでモチモチしています。

食べる前は濃厚なカレー味のスープを想像していたので、最初の1口目は「あれっ?」と思いましたが食べているうちにどんどん美味しく感じてきます。

何しろスープが後をひきます。

カレーの味は強くないんですが、ちょうど良いバランスでダシの味と混じりあってコクがあるんです。

1口飲んだらまた1口飲みたくなるようなスープで、「思わず飲み干したくなるスープ」というキャッチフレーズにばっちりあってます。

濃厚なカレー味を期待して買うと裏切られますが、ごくごく飲めるフルーティーなカレー味のスープで後口もスッキリしています。

あっさりとしたカレーうどんが食べたいときにはピッタリだと思います。

「日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん」はリッチシリーズの第1弾らしいので、これから続々とリッチシリーズの商品が発売されると思います。

また違うリッチシリーズが発売されたら食べてみたいと思います。

もし興味があったらためしてみてください。

それでは、またですー。

コメント