コロネの正しい食べ方

雑記

こんにちは、ゆんつです。

ここに美味しそうなコロネがあります。

コロネには頭とお尻があるのをご存知でしょうか?

細い方が頭。

太い方がお尻です。

皆さんはコロネを頭とお尻のどちらの側から食べますか?

スポンサーリンク

頭から食べるのは間違い

多くの人はコロネを食べようとするときに、口に入れやすい細い方、いわゆる頭から食べようとします。

でもこれは間違いです。

コロネというのは構造上お尻にクリームが多く詰まっていて、頭の方に向かっていくにつれて空洞になってきます。

頭から食べると最初の方はクリームが入ってないパン部分のみを食べることになりますし、パンを握る手や齧るときのパンへの圧力でお尻の方にあるクリームがどんどん出口の方向に押され食べてるうちにムニューっとクリームが流出してしまうのです。

これを僕は「お漏らし」と呼んでいます。

コロネのお漏らしほど悲しいものはありません。

僕は周りの人にコロネをお漏らしさせた時の気持ちについてアンケートを取りました。

するとこんな結果が返ってきました。

・この先何をやっても上手くいかないような気がした(53歳・男性)

・将来ロクな大人になれないような気がした(11歳・男性)

・自分は人よりも劣っていると感じた(36歳・男性)

・人類が滅んでほしいと思った(25歳・女性)

・長生きなんてするもんじゃないと思った(90歳・女性)

コロネをお漏らしさせたときに何とも言えない無力感や、憎悪などを抱いていることが分かります。

また、感情的な問題以外にもコロネをお漏らしさせるのは単純にクリームがもったいないです。

自宅でコロネをお漏らしさせた場合は、はみ出して手についたり机に落ちたクリームをペロペロ舐めてしまえばいいですが、自宅以外の人目がある場所ではペロペロできません

冷静を装いつつはみ出たクリームをティッシュで拭くことになります。

こうして無駄になるコロネのクリームの量は毎年東京ドーム1個半と言われているとかいないとか。(僕調べ)

こんな悲劇を防ぐためには皆さんもうお判りですね。

コロネはお尻からガブリ!

これが正しいコロネの食べ方なのです。

お尻から食べていくことで、お尻にたっぷりつまったクリームの一部が食べている間にどんどんと頭の部分に移動し、全体に満遍なくクリームが行き渡りどの部分を食べてもパンとクリームの両方を味わうことが出来るのです。

しかもこの方法でコロネがお漏らししたことは僕の経験上1度もありません!

もしコロネをおちょぼ口で頭から食べている人は今日からやめてください。

明日からは大きな口を開けてお尻からガブリ。

少しのクリームも無駄にすることなくコロネを味わいましょう。

本日はご清聴ありがとうございました。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました