「ポテトの素顔」食べてみた

食品

こんにちは、ゆんつです。

2018年11月27日からローソン限定で発売されているポテトチップスがあります。

その名も「ポテトの素顔」

原材料:じゃがいも、植物油のみ 切って揚げたままのポテトチップス 食塩不使用『ポテトの素顔』
ポテトチップスやカラムーチョ、ポリンキーのコイケヤは、総合スナックメーカーです。

製造元はポテトチップスでおなじみの「湖池屋」です。

「素顔」というネーミングの通り、ポテトを揚げるだけであえて味付けしないというのがこのポテトチップスの特徴です。

「自分好みの塩加減にしたい」とか「アレンジしたい」などといったお客様からの要望に応えて開発されたようです。

味付けしていないポテトチップスってどんな味がするんでしょうか?

是非食べてみたい!!

というわけでローソンで買ってきました。

今日は素顔のポテトチップスについて書きたいと思います。

栄養成分表示等

カロリーは396kcal。

食塩不使用ですが、食塩相当量が0.04gあります。

ちなみに湖池屋のうすしおのポテトチップス60gの食塩相当量は0.7gです。

食べてみよう

パッケージには

まずはすっぴんのポテトチップスを味わい、そのあとはお好みの調味料や塩加減でオリジナルにお楽しみください。

と書かれています。

その通りに食べてみたいと思います。

まずは何もつけず「素顔」のままでいただきます。

ほぉー

何も味付けしていないポテトチップスってこんな味なのか。

塩味がない分芋の味がダイレクトに伝わってきます。

もう1枚

パリパリ・・・

もう一枚

パリパリ・・・

何か味が欲しい!!

良く言えば素朴な芋の味ですが、率直に言えば物足りない味です。

何枚か食べると飽きてきます。

塩って偉大だなぁ。

というわけで、ここからはアレンジして楽しんでみましょう。

家にある調味料を色々とつけてみます。

アジシオ

一振りするだけで、いつもの食べなれたポテトチップスになりました。

美味い。

マヨネーズ

うーん。あまり合わないな。

味がしつこすぎる。

ケチャップ

ケチャップの酸味がチップスの味に良く合って美味い!

フライドポテトにケチャップが合うように、ジャガイモとケチャップは相性抜群ですね。

豆板醤

こりゃ駄目だ。辛いだけで全然あわない。

ポテトチップスの良さも、豆板醤の良さも消えてしまっています。

味噌

結構いける!

味噌の塩気がチップスに良く合ってます。

わさび

わさびの爽やかな香りと辛さがポテトチップスの油をうまく打ち消してくれて美味い!

これもいける!

からし

合わない。

ランキング

というわけでどの調味料があったのかランキングをつけてみます

1位 塩

2位 わさび

3位 ケチャップ

4位 味噌

5位 マヨネーズ

6位 からし

7位 豆板醤

という結果となりました。

結局は普通の塩味のポテトチップスが一番うまいということですね。

まとめ

「ポテトの素顔」はその名前の通りの味付けされていない素顔の味で、じゃがいもそのものの味でした。

塩気が無いポテトチップスは味が物足りなく飽きやすいのも事実ですが、色んな調味料を用意してアレンジして食べているときはとても楽しかったです。

皆さんも是非やってみてください。

友達とどのアレンジが一番美味しいかをワイワイ言いながら実験してみると盛り上がると思います。

それでは、またー。

コメント