「日清麺職人 ふぐだし」を食べてみました

食品

こんにちは、ゆんつです。

日清食品のカップラーメンに「麺職人」というシリーズがあります。

その麺職人のシリーズに現在(2018年12月)、期間限定で新たなラインナップが加わっています。

それが「日清麺職人 鴨だし」と「日清麺職人 ふぐだし」の2種類。

なぜこの2種類なのかというと

年末年始は日清麺職人を食べて、”笑うカモ (門) にはフグ (福) 来たる”

ということだからだそうです。

「日清麺職人 鴨だし」「日清麺職人 ふぐだし」(12月10日発売)
日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、「日清麺職人 鴨だし」「日清麺職人 ふぐだし」を2018年12月10日(月)に全国で新発売します。

考えた人を思い切り張り倒してやりたくなります。

まあそれはどうでもいいとして、僕がとても気になったのは「ふぐだし」です。

僕はフグの本場、下関に住んでいるのです。

本場の人間として「麺職人のふぐだし」がどんなものか食べておく必要があります。

というわけで、今日は「日清麺職人 ふぐだし」を食べたいと思います。

栄養成分表示等

カロリーは259kcal。

カップラーメンとしてはかなり低めですね。

アレルギー物質は以下の通りです。

食べてみよう

丼の中には麺の他にかやくと後入れのふぐだしが入っていました。

かやくの内容は卵とねぎとかまぼこ。

お湯を入れて4分。

注意書きどおりフタの上でスープを温めます。

4分後、フタを開けてみます。

花の形のかまぼこが綺麗です。

ふぐだしをいれて混ぜ混ぜ。

うっ!?

なんか臭い・・・

ふぐだしを入れて混ぜると、生臭いような匂いがします。

これフグの匂いか?

魚が苦手な人は無理な匂いだと思います。

一抹の不安を抱えながら、いただきまーす。

まずはスープ。

うーん、やっぱり匂いが気になる。

スープ自体はあっさり目なんですが、匂いが独特です。

ふぐだしってこんなに強い匂いがしたかなぁ?

生臭さと香ばしさが合わさったような匂いがムンムンします。

フグだしは何度も飲んだことがありますが、このラーメンのふぐだしはかなり匂いがきついです。

しかもその匂いが後味として口に残ります。

麺は細めでコシはあるけど、ちょっとモソモソした感じ。

かやくは量が少なく気持ち程度入っている感じ。

卵とネギは多少味がしますが、かまぼこは見た目だけで味がほとんどないです。

このラーメンまずいな。

なにしろ、ふぐだしの香りがエグイです。

ふぐだしってもっと上品で、ふわっと香る感じのはずだけどなあ。

麺はモソモソして、かやくも美味くなく、カップの中に美味しいものが1つもありませんでした。

もう買いません。

期間限定なのでどうしても食べてみたい方は試してみてください。

僕はお勧めしません。

それでは、またですー。

コメント