僕の禁煙成功談

健康

こんにちは、ゆんつです。

僕は約20歳から30歳までの約10年間煙草を吸っていました。

そして30歳になって間もなく煙草を止めました。

禁煙する前の煙草の量は1日2箱。

どちらかというとヘビースモーカーの部類だったと思います。

そんなヘビースモーカーだった僕も、もう禁煙して5年以上たちます。

今日はそんな僕の禁煙成功談を書こうともいます。

スポンサーリンク

禁煙のきっかけ

ある土曜日の夜、本を読みながらコーヒーを飲んでいました。

煙草が吸いたくなり、箱に手を伸ばすと中は空。

買いだめもしていなかったので、近所のコンビニに買いに行くことにしました。

当時僕が住んでいたアパートは住宅地として切り開かれた山の頂上にあり、最寄りのコンビニは山を降りて10分くらい歩いた場所にありました。

家からは歩いて20分以上かかります。

しかもあいにく外は大雨。

それでも僕は傘を持ちコンビニに行くために玄関のドアを開けようとしました。

ドアのノブに手をかけ左に回してドアをあけようとしたその瞬間。

僕の頭にふとこんな考え浮かんできました。

ゆんつ
ゆんつ

これから先の人生もずっと、雨が降ろうが雪が降ろうが煙草が無くなったら買いに出かけるんだろうか?

生活必需品でもないのに。

これまでも雨の中煙草を買いに出かけたことは何度もあります。

その時には、こんな考えが浮かんだことはありませんでした。

こんな考えが浮かんだのはこの一瞬だけです。

そして、続けてこう思いました。

ゆんつ
ゆんつ

なんか煙草に操られてるみたいだな

その瞬間、急に煙草を買いに出かけることがバカバカしくなった僕はドアノブから手を放し靴を脱いで再び室内に戻りました。

そして、灰皿に残っていた吸殻に水をかけて捨てました。

この瞬間から僕の禁煙が始まりました

強い衝動なんて起こらなかった

禁煙をすると最初の3か月くらいまでは吸いたくて吸いたくてたまらなくなるような強い衝動が襲ってくると良く言われます。

でも僕はそんなことは全くありませんでした。

よく禁煙失敗談として

「周りの人が吸っているのを見てたまらなくなって1本貰って吸ってしまう」

というのがありますが、人が吸っているのを見ても何とも思いませんでした。

軽い衝動はちょっとだけある

「煙草を吸いたくて吸いたくてたまらない」というとても強い衝動はありませんでしたが、軽く「吸いたいな」と思うことは何度かありました。

そんな思いが起こるのは今まで必ず吸っていた瞬間(コーヒーを飲んでいる時、食後、仕事が片付いた後、お酒の席)です。

そういう時には無理にその欲求を否定せずに、「吸いたいな」という気持ちは持ったままで、何か別の作業をしたり人と会話したりしていました。

するといつしか欲求が通り過ぎていて、またしばらく煙草を吸いたいという気持ちが無い状態になります。

それを繰り返しているうちに「吸いたいな」と思う回数はどんどん減っていき、最後にはきれいに無くなりました。

何も使わなくても禁煙できた

世の中には沢山の禁煙グッズがあります。

でも僕はグッズは何も使いませんでした。

禁煙のために特別にやったことと言えば、灰皿を捨てたことくらいです。

ゆんつ
ゆんつ

ライターは震災が起きた時の防災グッズとして捨てませんでした

禁煙の効果

朝起きた時の口内の不快感が無くなった

煙草を吸っていた時、吸いすぎた翌朝の口の中の不快感はなんともいえないものでした。

口の中がもやもやしていて、歯をみがいてもまだ口の中がなんとなく気持ち悪いのです。

それが綺麗に無くなりました。

食べ物が美味しくなった

良く言われることですが、禁煙すると食べ物の味が良くわかるようになります。

微妙な味がわかるようになって、いままで何となく食べていたものがとても美味しく感じるようになります。

ご飯の美味しいこと美味しいこと。

ゆんつ
ゆんつ

最高20キロ太りました

煙草代を他に使えるようになった

毎日煙草を2箱も吸っていると月の煙草代は結構な金額になります。

それを他に使えるようになったのです。

煙草に使っていたお金を何に使うようになったか。

競馬です。

それまでも競馬はやっていましたが、煙草をやめて浮いたお金も競馬に注ぎ込みました。

ゆんつ
ゆんつ

どっちにしろお金は残りませんでした

でも体に害がない分、競馬の方がマシだと思います。

煙草臭さからの解放

煙草を吸っているときは全身から煙草の臭いをムンムンさせていました。

もちろん臭いを消すために消臭剤や香水も使っていましたが、そんなものでは煙草の臭いは消えないのです。

下手をすると煙草の臭いと香水の匂いが混じって、もっと不快な臭いになったりします。

そんな臭いから解放されました。

不思議な現象

煙草を吸っていた時、夢の中に登場する自分は煙草を吸っていることが多かったです。

ところが煙草をやめてから夢の中で登場する自分は煙草を吸わないのです。

現実の自分が煙草を辞めたら、夢の中の自分まで煙草をやめるなんて不思議すぎます。

本当に不思議で夢占いの専門家に聞いてみたいくらいです。

現在

煙草を吸いたいとは全く思いません。

軽い衝動すらないです。

それどころか年々煙草が嫌いになっていきます。

昔は吸っていたのに勝手なものです。

喫煙者だったころは良く非喫煙者から「煙草は臭いからやめて!」と言われましたが、そう言いたくなる気持ちが今は本当に良くわかります。

もう一生吸うことは無いでしょう。

以上が僕の禁煙成功体験でした。

それでは、またー。

健康
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました