10分でできる。エックスサーバーを利用している場合のGoogle Search Consoleへの登録。

プログラミング

こんにちは、ゆんつです。

WEBサイトを運営に欠かせないのがGoogle Search Console

ゆんつ
ゆんつ

通称「サチコ」

Google Search Consoleを使うことで

・WEBサイトに来てくれる人が、どんな検索キーワードでアクセスしてきたかを知る

・サイトで起きているエラーを知る

・作成したページをGoogleにインデックス(登録)する

ことができます。

今日はそんなGoogle Search ConsoleをエックスサーバーにあるWEBサイトに導入する方法(HTMLファイルをアップロードする方法で)について説明したいと思います。

スポンサーリンク

導入方法

サーチコンソールにログインする(※Googleアカウントが必要です)

Google Search Console

「Google Search Console へようこそ」の画面になるので右側の「URLプレフィックスの」の欄にサーチコンソールを導入したいサイトのURLを入力します。

例えば今回サーチコンソールを導入したいサイトのURLはhttps://tokomachi.xsrv.jp/なのでそのままコピペします。

入力したら「続行」ボタンをクリック。

すると「所有権の確認」というダイアログが出現します。

いくつかの確認方法が用意されていますが「お勧めの確認方法」となっている
「HTMLファイル ウェブサイトにHTMLファイルをアップロードする」を選択します。

「ファイルをダウンロード」という項目の横にあるボタンをクリックして、HTMLファイルを適当な場所にダウンロードします。

この画面は閉じずにそのままの状態にして、別のタブやウインドウを開いて次の作業を行います。

エックスサーバーのファイルマネージャーにログインします。

ファイルマネージャ - ログイン | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」でご契約中のサーバーアカウントでファイルアップロードなどのファイル操作をブラウザ上から行うための管理ツールです。

FTPユーザーIDとパスワード(契約時のメールに書かれてます)でログインします。

サーチコンソールを設定するドメインを選択し、「public_html」というフォルダに移動します。

先ほどダウンロードしたHTMLファイルを「public_html」フォルダにアップロードします

アップロードが完了したら、先ほどの開いたままの状態にしておいた「所有者の確認」画面に戻り「確認」ボタンをクリックします。

すると所有者の確認が完了します。

これでサーチコンソールの導入は完了です。

ゆんつ
ゆんつ

10分もあれば終わります

導入が完了しても所有者確認のためにアップロードしたHTMLファイルは消さないでくださいね。

導入したサーチコンソールが働き始めるまでには少し時間がかかりますので気長にお待ちください。

ちなみに導入直後にサーチコンソールを見ても

何のデータもありません。

導入して少し時間が経つとグラフなどが表示されるようになります。

以上がエックスサーバーにHTMファイルをアップロードして、サーチコンソールを導入する方法でした。

それでは、またですー。

プログラミング
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました