久しぶりに糞不味いものと出会いました

雑記

こんにちは、ゆんつです。

世の中には美味いものと不味いものがあります。

美味いものに出会うと自然と顔はほころび心が弾みますが、不味いものと出会うと顔は険しくなりテンションは一気にどん底です。

この前テンションがどん底まで一気に下降するほど不味い食品に出会ってしまいました。

その商品がこれ。

「ご飯がススム」というキムチです。

ゆんつ
ゆんつ

もう何しろ不味い!

僕はキムチのブランドにこだわりが無いので、その時々で目に付いたものを買うのですが、たまたまその時は「ご飯がススム」が特売になっていました。

CMなどで「ご飯がススム」というキムチがあるのは知っていましたが、これまで実際に購入したことはありませんでした。

ちょうど友達と焼き肉をする予定があったので、

ゆんつ
ゆんつ

焼肉にはキムチも必要だから、これでも買っとくか

と思い買ったのですが大失敗でした。

甘ったるい

「ご飯がススムくん」の不味さの原因。

それは砂糖をぶち込んだような甘ったるさです。

とにかく甘くて後味が悪い。

「キムチといえばどんな味?」

と聞かれたら

辛い

とか

コクがある

とかそういうイメージだと思うのですが、このキムチはすっごく「甘い」のです。

その甘さがとても気持ち悪く、ご飯に全然合いません。

ご飯がススムどころか、食欲がどんどん減退していくような味なのです。

ゆんつ
ゆんつ

食欲トマル

産まれて初めてこんな不味いキムチを食べました。

友達からも

こんな不味いキムチ買ってきやがって!

と大不評でした。

1口食べたら誰も2口目を食べない。

そんなキムチでした。

僕は食べ物を捨てる事が嫌いなので、責任をとって捨てずに全部食べましたが本当につらかったです。

もう絶対買わない

僕の「買わないものリスト」に「ご飯がススムくん」が加わりました。

もう2度と買うことは無いでしょう。

キムチを食べて「甘っ!!」と言ったのは産まれて初めてです。

ただ甘いだけじゃありません。

甘ったるく後に残る甘さです。

もし甘いキムチが好きなら試してみてください。

僕はこのキムチは一生買いません。

それでは、またー。

コメント