ちびっ子メロディーレーンが今日走ったよ

雑記

こんにちは、ゆんつです。

現在、JRAの競走馬でとても体の小さい女の子がいます。

名前を「メロディーレーン」と言います。

メロディーレーン | 競走馬データ - netkeiba
メロディーレーンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

デビューは2018年の10月13日。

その時の体重は336kg!

400kg以上体重があるのが当たり前、500kg以上でも珍しくない競走馬の中にあってひと際小さいです。

メロディーレーンは先月、デビューから10戦目にして初勝利を挙げました。

この時の体重が340kg。

メロディーレーンはこの勝利により、それまで350kgだったJRAの最小馬体重での勝利記録を更新したのです。

体がひと際小さいのに、必死に走る姿をみて僕は一気にファンになりました。

今日走ったよ

メロディーレーンは今日(2019年7月13日)の中京8Rに出走しました。

体重は前回よりさらに4kg減って336kg。

ゆんつ
ゆんつ

もっと食べなさい

前回はまだ勝ったことのない馬同士の戦いでしたが、今回は1勝している者同士の戦いです。

当然レースのレベルは前回よりも上がります。

メロディーレーンは後方からレースを進め、終始外側を回り直線に向きましたが、そこからイマイチ伸びず15頭中13着でした。

ゆんつ
ゆんつ

残念

競馬というのはコースの内側、いわゆるラチという柵に近い位置を走る馬の方が有利です。

走る距離が少なくて済むもんね

でもメロディーレーンにそれが難しいのです。

コースの内側は馬が殺到するので、体の小さいメロディーレーンが内側にいても弾き飛ばされてしまいます。

ですので、レースではどうしても外側を回らざるを得ないことになり、他の馬より距離損が大きいです。

また、今回は距離が2000mだったことも影響したかもしれません。

ゆんつ
ゆんつ

初勝利をあげたレースは2400mでした

結果は振るいませんでしたが、今日も最後まであきらめずに一生懸命走っていました。

とりあえずゆっくり休んで、食べて、次は少しでも体重を増やした状態でレースに臨んで欲しいと思います。

ゆんつ
ゆんつ

ずっと応援するよ

似たような馬も現れた

先週(2019年7月7日)のことです。

福島競馬の6レースに、メロディーレーンと同じようなちっこい馬が現れました

名前は「ティナ」で馬体重356kgの女の子です。

ティナ | 競走馬データ - netkeiba.com
ティナの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

しかも偶然にもお父さんはメロディーレーンと同じ「オルフェーブル」。

ゆんつ
ゆんつ

お父さんの現役時代は450kgくらいあったのですが、
どうして生まれてくる子供は小さいんでしょうねぇ?

藤田菜七子騎手を背に、小さながらも健闘し15頭中6着でした。

僕は小さい馬が大きな馬に挑んでいく姿が大好きなので、この子も引退まで応援し続けようと思います。

皆さんも「メロディーレーン」と「ティナ」の名前をどこかでみかけたら、応援してあげてください。

それでは、またですー。

コメント