「キング軒 広島式 汁なし担々麺」食べてみた

食品

こんにちは、ゆんつです。

夏と言えば辛いもの。

この前スーパーでこんなパッケージの商品を見つけました。

「キング軒 広島式 汁なし担々麺」です。

真っ赤なパッケージには「シビレVSカラサ」の文字が踊ります。

暑気払いには辛いものが一番。

ゆんつ
ゆんつ

存分にしびれさせてもらおうじゃないの

というわけで、今日はこの「キング軒 広島式 汁なし担々麺」を食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

キング軒とは

キング軒は広島県に本店を持つ「汁なし担々麺」の人気店です。

キング軒の汁なし担々麺は花椒のしびれとラー油の辛さが絶妙なバランスらしく、週末は行列ができるような人気店なのだそうです。

栄養成分表示

栄養成分表示

熱量469kcal
たんぱく質11.8g
脂質22.2g
炭水化物55.5g
食塩相当量4.4g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg

 

含まれるアレルギー物質

小麦乳成分ごま
大豆鶏肉豚肉ゼラチン

食べてみよう

フタを開けると、かやく、あといれ特製スープ、あといれ特製調味だれが入ってます。

かやくを入れ熱湯3分で湯切りをします。

あといれ特製調味だれとあといれ特製スープを入れます。

かき混ぜます。

まぜていると花椒(ホワジャオ)の香りが辺りに漂います。

完成!

いただきまーす!

ズルズル

ゆんつ
ゆんつ

うおっ!!ピリピリする!

口に入れるとまず花椒の強烈な香りがして、ピリピリとした感覚が口の中に広がります。

そして、かすかにゴマダレの風味が加わり、ラー油の辛みも加わります。

ゆんつ
ゆんつ

これが「シビレ」と「カラサ」か

これは結構辛いですよ!

具のメインは鶏と豚の味付け肉そぼろ。

小さいながらも肉の味がしっかりしますが、そぼろの数自体はとても少なめです。

具には唐辛子もあり、これが辛さを少しだけ増してくれます。

麺は細めのちぢれ麺で結構コシが強め。

この汁なし担々麺、辛いもの好きな人が食べても満足できるくらい十分な辛さだと思います。

でも味がイマイチ!

花椒の味が強烈すぎて、ほとんど花椒の味しかしません。

ゆんつ
ゆんつ

ゴマダレの味がほとんどしない

担々麺を食べているというより、花椒自体を食ってるみたいな感じです

「シビレ」と「カラサ」は確かに感じますが、本当にそれだけで美味しさを感じません。

おまけに具もちょっとしかありません。

最初から最後まで花椒の味しかしない担々麺でした。

というわけで「キング軒 広島式 汁なし担々麺」を食べた感想は、辛さは十分だけど味はイマイチというものでした。

「花椒」の味と香りが好きで好きでたまらないという人には良いかもしれません。

ゆんつ
ゆんつ

僕はもう買いません

それでは、またですー。

食品
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました