岡山県のご当地チップス「デミカツ丼味」食べてみた

中国地方

んにちは、ゆんつです

2019年9月23日より、ポテトチップスでおなじみのカルビーから「ご当地チップス」が発売されています。

中国・四国地方では今回3県がご当地チップスの対象となっており、

  • 山口県の「宇部ラーメン味」
  • 岡山県の「デミカツ丼味」
  • 香川県の「鍋焼きうどん味」

が発売されています。

山口県のご当地チップス「宇部ラーメン味」は既に食べてみました。

ポテトチップス「宇部ラーメン味」食べてみた
こんにちは、ゆんつです。 2019年9月23日。 山口県のご当地チップスが発売されました。 これまでの山口県のご当地チップスには、岩国の「いろり山賊」という人気店の「山賊焼き」の味を再現した「山賊焼き味」。
ゆんつ
ゆんつ

あまりパッとしないご当地チップスでした

本日は岡山県の「デミカツ丼味」を食べてみたいと思います。

デミカツ丼とは

僕は一度もデミカツ丼を食べたことがないので少し調べてみました。

Wikipediaには以下のように書かれています。

デミカツ丼とは、丼に飯を盛ってデミグラスソースをかけ、その上に千切りキャベツを乗せ、その上から揚げたての豚カツをいくつかに切り分けて乗せてその上からデミグラスソースをかけるもの、あるいは、デミグラスソースの中にくぐらせた豚カツを乗せるものである。

岡山市の中心部では昭和の初めから存在していた歴史のあるメニューで、まさに岡山のソウルフードといってもよい食べ物みたいです。

へー

原材料

含まれるアレルギー物質

乳成分小麦ごま大豆
鶏肉豚肉りんご

栄養成分表示

エネルギー304kcal
たんぱく質3.0g
脂質19.1g
炭水化物30.0g
食塩相当量0.7g

食べてみよう

袋を開けても特にデミグラスソースの香りが強く漂ってくるということはありません。

チップスは厚切りでギザギザにカットされています。

ゆんつ
ゆんつ

いただきまーす

パクッ

口の中に入れると一番最初にトマトのふんわりとした風味を感じます。

そしてチップスを噛むと、濃厚なデミグラスソースのコクのある味が口の中に広がります。

この口に入れた時に感じるトマトの風味と、チップスを噛んだ時の濃厚なソースの味がとても良い感じにマッチしています。

厚切りでギザギザにカットされたチップスはザクザクとした心地よい歯ごたえで、食べていて心地が良いです。

多分このザクザクとした感じが、デミカツのカツ部分の衣の食感を再現しているんだと思います。

このチップス。

美味しいです。

ゆんつ
ゆんつ

うまい!

デミグラスソースの味が濃厚なのにしつこくなくて、歯ごたえがとても良い。

後を引く美味しさで、

1枚食べるとまた1枚。

1枚食べるとまた1枚。

といった感じであっという間に完食しました。

というわけで岡山県のご当地チップス「デミカツ丼味」は、濃厚なデミグラスソース味が美味しく、噛み応えのある厚切りチップスが心地よいチップスでした。

岡山県のご当地チップス「デミカツ丼味」は2019年11月上旬までの発売予定みたいなので、もし興味があったら試してみてください。

中国・四国地方9県のスーパーやカルビーのアンテナショップで販売されています。

それでは、またー。

コメント