Cドライブを拡張してみた【回復パーティション移動】

やってみた

こんにちは、ゆんつです。

PCを使っているとアプリケーションのインストールやら何やらで、Cドライブの容量はどんどんと減っていきます。

僕は自分が作成したファイルなどは全てDドライブに置くようにして、なるべくCドライブを圧迫しないようにしているのですが、それでもじわじわとCドライブの容量は減っていきます。

Cドライブの容量が減っていく一方、Dドライブには割と空きがあったりします。

現在の僕のPCの状況です。

Cドライブの空き容量が約40GB、Dドライブの空き容量は約140GBあります。

Cドライブには様々なアプリケーションが入っており、それらは簡単に移動させることが出来ません。

逆にDドライブには画像や動画、ブログの記事などのファイルが入っており、これらはどれも外付けのハードディスクに移しても差しさわりがありません。

そこでDドライブにあるファイルを一旦全て外付けのハードディスクにバックアップして、その後Dドライブの容量をCドライブに分ける「Cドライブの拡張」をしてCドライブの容量を100GBくらい増やすことにしました。

Dドライブのバックアップ

拡張前に絶対に行わなければならないのがDドライブのバックアップです。

Cドライブを拡張する場合、Cドライブに容量を分け与えるためのまっさらな領域が必要となります。

今回のケースでは「Dドライブ」の領域を「Cドライブ」に分け与えます。

そのため「Dドライブ」に対し「ボリュームの削除」を行ってまっさらにします。

「ボリュームの削除」を行うとDドライブにあるファイルは完全に削除されてしまいます。

ですので拡張前に、他のドライブに容量を分けてあげるドライブにある必要なファイルは全て外付けのハードディスクやUSBにバックアップしておきます。

拡張できない!?

Dドライブのデーターのバックアップが完了したらCドライブの拡張作業に入ります。

まずはDドライブのボリュームを削除する作業からはじめます。

画面左下のウィンドウズマークの上で右クリックし、現れたメニューの中から「ディスクの管理」という項目をクリック。

「ディスクの管理」画面ではPCに存在する全てのドライブが表示されます。

「ボリューム (D:)」を右クリックして開いたメニューから「ボリュームの削除」をクリック。

すると「シンプルボリュームの削除」というメッセージが現れますので「はい」を選択。

続けて「ディスクの管理」というメッセージが現れるので「はい」をクリック。

すると「ボリューム:D」だった領域は「未割り当て」へと変化しました。

この「未割り当て」の領域をCドライブに分けてあげれば、Cドライブの容量が増えることになります。

「Cドライブ」を右クリックして現れるメニューから「ボリュームの拡張」をクリック・・・・できない・・・

「ボリュームの拡張」がグレーアウトしてクリックできないのです。

ゆんつ
ゆんつ

なんで?

「ボリュームの拡張」ができない原因

PCに詳しい方なら既に答えはお分かりだと思います。

拡張できない原因は「Cドライブ」と「未割り当て」の間に挟まった「回復パーティション」です。

ドライブを拡張するためには右隣に未割り当ての領域が必要になります。

「Cドライブ」と「未割り当て」が隣り合わせなら問題なく拡張できたのですが「回復パーティション」が両者の間に挟まっているため、このままでは「Cドライブ」の拡張が出来なくなっているのです。

「Cドライブ」を拡張するには

「回復パーティション」を削除して、「回復パーティション」もCドライブにくっつける

又は

「回復パーティション」を移動させて「Cドライブ」と「未割り当て」が隣接するようにする

かのどちらかをしないとCドライブの拡張が出来ないのです。

「回復パーティション」はPCを出荷時の状態に戻すために利用されるパーティションで、PCに万が一の事態が起きた時にこのパーティションを使ってPCを復旧します。

万が一の事を考えると消したくはありません。

というわけで、「回復パーティションの位置」を移動させることにします。

「回復パーティション」を移動させる

検索してみると「回復パーティション」を移動させることができるソフトがあったので導入しました。

「AOMEI Partition Assistant」というソフトです。

無料のパーティション管理ソフトをダウンロードして利用しましょう! - AOMEI Partition Assistant Standard
Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7/Vista/XP(32/64ビット版)のHDDを管理する最高のパーティション管理フリーソフトを無料でダウンロードします。

有料バージョンと無料バージョンがありますが、無料バージョンをインストールしました。

インストールは迷うことなくスムーズに完了し、起動してみると以下のようなインターフェースでした。

移動させたいパーティション(今回は「回復パーティション」)にマウスカーソルを当て右クリックし、メニューの一番上にある「パーティションをリサイズ/移転」をクリック。

「パーティションを移動、リサイズします」という画面になります。

画面中央にスライダーがあり、パーティションをドラッグすることで移動させることができるようです。

僕としてはCドライブより前に「回復パーティション」を移動させたかったのですが、色々試しましたがそれは出来ませんでした。

でも回復パーティションをスライダーで一番右に移動させて「はい」をクリックすると

「回復パーティション」は一番右端に移動し、「Cドライブ」と「未割り当て」が隣接するようになりました。

パーティションをこの状態で確定する場合には左上の「適用」をクリックします。

「保留中の操作一覧」画面になるので「続行」をクリック。

「開始しますか?」というメッセージが出るので「はい」をクリック。

作業が始まります。

約30秒くらいで無事に作業が完了した旨のメッセージが出ました。

ディスクの管理画面に戻ってみると

「回復パーティション」が一番右端に移動し、「Cドライブ」と「未割り当て」が隣接してます。

ゆんつ
ゆんつ

やったね!

これで「Cドライブ」を拡張できます。

「Cドライブ」を拡張する

「Cドライブ」を右クリックして「ボリュームの拡張」をクリック。

「ボリュームの拡張ウィザード」が開くので「次へ」をクリック。

「ディスクの選択」画面になるので、「ディスク領域を(MB)選択」という項目でCドライブの容量をどれだけ増やすかを設定します。

増加後の容量ではなくて、増加させたい容量を入力することがポイントです。

僕はCドライブの容量を100GB増加させたいので「102,400MB」と入力します(単位はMBです)。

※1GB = 1,024MB

増加させる容量を決定したら「次へ」をクリック。

「ボリューム拡張ウィザードの完了」画面になるので「完了」ボタンをクリックします。

これでCドライブの拡張作業は終了です。

作業前に比べて「Cドライブ」が100GB増加し、「未割り当て」100GB減少していることがわかります。

ゆんつ
ゆんつ

OK!

Cドライブの拡張作業は完了しましがが、このままの状態では残った「未割り当て」部分を使うことが出来ません。

ですので、この「未割り当て」部分をDドライブにする作業を行います。

「未割り当て」を「Dドライブ」にする

「未割り当て」を右クリックし、メニューから「新しいシンプルボリューム」をクリック。

「新しいシンプルボリュームウィザード」のが開くので次へをクリック。

「ボリュームサイズの指定」画面になります。

今回は「未割り当て」を全部をDドライブにするので、シンプルボリュームサイズは最大ディスク領域と同じサイズにします(デフォルトの状態で最大値が入力されています)。

もしドライブを更に区切りたい場合は最大ディスク領域よりも小さいサイズを指定します。

ボリュームサイズの入力が終わったら「次へ」をクリック。

「ドライブ文字またはパスの割り当て」という画面になるので、「次のドライブ文字を割り当てる」という項目で好きなドライブ文字を選択します。

「Dドライブ」にしたいので今回は「D」を選択。

選択出来たら「次へ」ボタンをクリック。

「パーティションのフォーマット」画面になるので、「このボリュームを次の設定でフォーマットする」が選択されていることを確認します。

初期設定では

  • ファイルシステム → NTFS
  • アロケーションユニットサイズ 規定値
  • ボリュームラベル → ボリューム
  • 「クイックフォーマットする」にチェックが入っている

状態です。

このままで大丈夫なので「次へ」をクリック。

「新しいシンプルボリュームウィザードの完了」画面になります。

「完了」ボタンをクリックして作業終了です。

これで「未割当の領域」をDドライブとして使えるようになりました。

エクスプローラーを確認すると、「Dドライブの容量をCドライブに100GB分け与える」という思った通りの拡張が出来ていました。

お疲れさん

パーティションの並びを確認することが重要です

自分のつまづきを踏まえて、スムーズに拡張作業をするには

まずはパーティションの並びを確認

したほうが良いと思いました。

「容量を増やしたいドライブ」と「容量を分け与えるドライブ」が隣接していれば、そのまま拡張作業に入れますが、僕のケースのように間に余計なパーティションが挟まると、その挟まっているパーティションに関して移動などの処置が必要となります。

その確認をするためにも、拡張前にまずはパーティションの並びを確認するのが良いと思います。

また、拡張作業前には「他のドライブに容量を分けてあげるドライブ」にあるファイルのバックアップだけは絶対に忘れないようにしなければなりません。

ボリュームを削除した後では取り返しがつきませんから。

というわけで、「Cドライブ」拡張の記録でした。

もし、この記事を参考に作業する際には自己責任で行ってください。

それでは、またー。

コメント