iPhoneのカメラで被写体以外をぼやけさす方法

iPhone 11

こんにちは、ゆんつです。

写真を撮影するとき。

注目して欲しい被写体の以外の部分はボヤっとぼやけさせたいことがあります。

ゆんつ
ゆんつ

いわゆる「ぼけ」というやつです

うまく「ぼけ」を使うことで目立たせたいものだけをはっきりと映し、それ以外の部分を目立たせなくすることができます。

「iPhone」でも写真撮影をするときに「ぼけ」を使うことができます。

今日はiPhoneでの「ぼけ」の写真を撮り方について書きたいと思います。

ポートレートモードで撮影する

iPhoneのカメラアプリには様々な撮影モードがあります。

通常の写真を撮影するときは「写真」モードで撮影しますが、「ぼけ」の写真を撮影するときは「ポートレート」モードで撮影します

他は特に設定をしなくても、ポートレートモードで撮影するだけで被写体以外の部分が「ぼけ」た画像を簡単に撮影することが出来ます。

実際にやってみましょう。

例えば以下のような構図で中央にある「ペコちゃん」以外をぼやけさせます。

カメラアプリの写真モードをポートレートモードに切り替えます。

ポートレートモードでシャッターボタンをタップすると

「ペコちゃん」以外の物がぼんやりと「ぼけ」て不明瞭な写真を撮ることができます。

このようにポートレートモードで撮影するだけで、簡単に「ぼけ」の写真を撮ることができます。

ゆんつ
ゆんつ

簡単ですね

「ぼけ」の加減を調節する

ポートレートモードで撮影するだけでボケのある写真撮影が可能ですが、「F値」を調節すると自分の好きな「ぼけ」加減に調節することが出来ます。

カメラ画面で「f」という部分をタップします。

これによりF値を調整することができる目盛りが現れるので、この目盛りを動かすことによりF値を調整することが出来ます。

デフォルトのF値は「2.8」

以下がF値「2.8」で撮影した画像です。

F値の幅は「1.4」~「16」まであります。

F値の値を小さくするとぼけ具合が濃くなり、F値を大きくするとぼけ具合が薄くなります。

以下の画像はF値の最小値「1.4」で撮影した画像です。

ゆんつ
ゆんつ

ボケ具合が一番濃くなる値

「ペコちゃん」以外の物がF値「2.8」の画像と比べてかなり不明瞭になっています。

そして以下の画像がF値の最大値「16」で撮影した画像です。

ゆんつ
ゆんつ

ボケ具合が一番薄くなる値

「ペコちゃん」以外の被写体も、ほとんどぼやけていません。

このように、自分好みの「ぼけ」加減にしたい場合はF値を調節して、最適な「ぼけ」加減を見つけると良いと思います。

照明エフェクト

ポートレートモードで撮影する際は「照明エフェクト」の選択することが出来ます。

照明エフェクトの効果は以下の通りです(※照明エフェクトは「人物」を撮影する場合は撮影時にきちんとエフェクトがかかるのですが、人形などの「物」に対しては撮影時にはエフェクトがかからないことが多いです。以下の画像はポートレートモードで撮影した後に、後述する「編集」により該当するエフェクトをかけたものになりますので、あくまでも参考としてご覧ください)

自然光(デフォルト)

顔に焦点が合い、背景がぼかされます。

照明エフェクトを自分で設定しない場合は、これになります。

スタジオ照明

被写体の顔が明るく照らされます。

輪郭強調照明

輪郭を強調します。

ステージ照明

真っ暗な背景で、被写体がスポットライトに照らされます。

ステージ照明(モノ)

背景は真っ暗で、被写体はモノクロになります。

ハイキー照明(モノ)

背景が白で、被写体がモノクロになります。

F値も照明エフェクトも後から変更できる

ポートレートモードで写真を撮影した場合、F値も照明エフェクトも後から変更することが可能です(写真モードで撮影したものはできません)。

iPhoneの「写真」アプリでポートレートモードで撮影した写真を開き、「編集」をタップします。

写真の編集画面になり「証明エフェクト」が選択できるので、好きなエフェクトを選択します。

F値を変更したい場合は「f」をタップするとF値の目盛りが現れるので、好みの値に調整します。

変更が完了したら右下の「✓」をタップすれば変更が反映されるようになります。

「照明エフェクト」や「F値」を変更した写真を元に戻したい場合は、元に戻したい写真を開いて「元に戻す」をタップすることで簡単に変更前の写真に戻ります。

ゆんつ
ゆんつ

とりあえずポートレートモードで撮っておけば

後からいくらでも変更できます

普通の写真にする

ポートレートモードで撮影したものの

ゆんつ
ゆんつ

やっぱ「ぼけ」てない普通の写真の方が良いな

と思うことだってあると思います。

そんなときは写真アプリで該当の写真を開き、画面上部にある黄色い「ポートレート」という項目をタップします。

そうすることでポートレードモードが解除されて「ぼけ」のない普通の写真になります(照明エフェクトはの設定はそのままです)。

まとめ

iPhoneで「ぽけ」のある写真を撮りたい場合。

撮影モードをポートレートモードに切り替えて撮影する

だけで簡単に「ぼけ」のある写真が撮影できます。

もっと凝りたい場合は

  • F値を調整
  • 照明エフェクトを利用

すると良いと思います。

「ぼけ」上手に使って被写体を目立たせましょう。

おい、ぼけゆんつ!

ゆんつ
ゆんつ

何だと!

それでは、またー。

コメント