サンワダイレクトの150-SNCM021

レビュー

こんにちは、ゆんつです。

先日、PCで作業する際に使用する椅子が壊れたので新たな椅子を購入しました。

サンワダイレクトの「150-SNCM021」という椅子です。

この椅子を選んだ理由は

  • 背もたれやひじ掛け、ロッキングなどの必要最低限の機能がついていて値段が1万円ちょっと
  • 背もたれがメッシュ

という2点です。

椅子は安い物でも数万円するのが当たり前ですが、この椅子は背もたれやひじ掛け、ロッキング
機能がついていて1万円ちょっととリーズナブル。

そして僕は汗かきなので、通気性を考慮すると背もたれはメッシュがベスト!

このような点からこの椅子を選びました。

今日はサンワダイレクトの「150-SNCM021」という椅子について書きたいと思います。

組み立てよう!

150-SNCM021は自分で組み立てる形式の椅子です。

色はブラック、ブルー、レッドがありましたがレッドを選択しました。

さっそく組み立てます。

組み立てに必要な工具は同封されているので特に自分で用意するものはありません。

椅子の脚にキャスターを取り付けます。

キャスターが全部ついたらガスシリンダーを差し込みます。

続いて座面に背もたれを取り付けます。

座面に背もたれを取り付ける際は本などの厚みのあるものを座面の下に置いて高さを調節すると、背もたれと座面のネジ穴を合わすのが簡単になりネジ留めが楽になります。

座面に背もたれがついたら、座面に座面ブラケットを取り付けます。

座面・背もたれと足の部分を組み合わせます。

ゆんつ
ゆんつ

合体!

ひじ掛けを取り付けます。

最後にヘッドレストを取り付けたら完成!

組み立て所要時間は約30分でした。

組み立てで特に苦労する作業はありませんでした。

椅子のスペック

全体的なサイズは以下のような感じです。

座面は幅51cm×奥行48cmで身長165cmの僕が座るとこんな感じ。

十分な広さがあります。

座面の厚さは8cmで、素材にはモールドウレタンという長時間座っても型崩れしにくく耐久性が高い素材が使用されているそうです。

座り心地は適度なクッション性があって心地良いです。

長時間座って作業していてもモールドウレタンのおかげで腰を上げるとすぐに元のふわっとした座面に戻ります。

背もたれは52cm。

メッシュなので、ぴったりと背中をくっつけても蒸れることがなく通気性が良いです。

ただメッシュの部分は薄いので耐久性には少し不安があります。

ヘッドレストは少しクッションが固め。

高さは7段階、角度は5段階で調節可能です。

ひじ掛けはの高さは5段階で調節可能。

椅子にはロッキング機能が搭載されており、背もたれの方向に重心をかけると座面と背もたれが80度まで傾きます。

ロッキングの固さは座面の下にあるノブボルトを回すことで調節できます。

座ってロッキングするところまでを動画にしてみたので、もしよろしければご覧ください。

サンワダイレクトの150-SNCM021

結構いいです

この椅子を使い始めて1か月経過しました。

座り心地がよく、長く座っていてもお尻と背中が蒸れにくく、使い勝手の良い椅子だと思います。

今のところ特に不満はありません。

椅子は数万円~10万円以上するような高価なものが多いですが、この椅子は1万円ちょっとで必要最低限の機能が揃っている感じでコスパが良いと感じます。

ただ値段が安い分、開封時点で少し汚れている部品もあったりしました。

椅子としての機能に問題はないので僕はあまり気にしませんが、そういう細かい部分は値段なりだと思います。

耐久性はまだ使い始めて1か月程度なので評価できませんが、これから長く使ってみて椅子に変化があったときにはこの記事に追記したいと思います。

それでは、またー。

コメント