メロディーレーンの松籟ステークス回顧

競馬

こんにちは、ゆんつです。

2021年2月27日(土)

阪神競馬場10Rの「松籟ステークス(芝3200m)」に小さな牝馬メロディーレーンが出走しました。

結果は7着

ゆんつ
ゆんつ

残念!

前走で2勝クラスを卒業し、3勝クラスでの初めてのレースでしたが、3勝クラスの厳しさを味わうレースとなってしまいました。

今日はメロディーレーンの松籟ステークスを回顧してみたいと思います。

松籟ステークス回顧

メロディーレーンの今日の馬体重は348kg。

前走より2kg増え、パドックも落ち着いて周回していました。

【阪神3200m初施行】2021.2.27(土)阪神9R 松籟ステークス(阪神芝・外→内3200m ㊗️初施行レース)

レースが始まると、予想通りディアスティマが外枠から逃げて先頭に立ちました。

メロディーレーンは後方4番手か5番手くらいからレースを進めます。

最初の1000mは59.4と比較的早めのペースでレースが流れます。

レースは1000mを過ぎたあたりからグッとペースが落ち着き、2000mの通過は2:03.1。

この時点でもメロディーレーンは後方4番手のままでした。

2000mを過ぎたあたりからレースはだんだんとペースアップし、後方にいた馬は徐々に前との差を詰め始めます。

メロディーレーンもジョッキーが促しているのですが、手ごたえが良いようには見えませんでした。

前との差はなかなか詰められず、メロディーレーンよりも後ろにいた馬にも交わされ、一時は後方から2番手までポジションが下がりました。

それでも3コーナー過ぎからは少しだけポジションをあげて、10番手くらいで直線に向きます。

直線入り口では近くにいた「シンボ」と接近し、少しひるむような場面がありましたが、それでも諦めずにそこからジリジリと伸びました。

直線で何頭か交わして勝ち馬からは1秒2差の7着でゴールイン!

こうしてメロディーレーンの松籟ステークスは終わりました。

僕が思う敗因

今日のレースの1000m区切りでのラップを見ると

1000m2000m3000m
59.42:03.13.02.3

となっており、前半の1000mがそこそこ速いペースで流れ、中間でペースが緩み、後半にまたペースが上がっています。

前半のペースがそこそこ速かったので好位置が確保できなかったことと、後半のペースアップに即座に反応できなかったのが敗因かなと思います。

決してバテているようには見えなかったので、クラス慣れしてくれば、このクラスでも十分戦えると思います。

ゆんつ
ゆんつ

クラス慣れが必要かも!

ゆっくり休んでね

結果は残念ですが、最後まであきらめずに良く走ったと思います。

欲を言えばもう少し中間が速いペースで流れれば、もっとスタミナが必要な流れになってメロディーレーンに向いたかもとは思いますが、そうなっても勝つのは難しかったかもしれませんね。

でも、今日のレースを見て、クラス慣れさえすれば好勝負することは十分可能だと思いました。

タフな阪神コースの3200mを走りぬいたので、スタミナがあるメロディーレーンでもさすがに疲れただろうと思います。

ご飯を食べて、ゆっくりと休んで、次走への英気を養ってほしいと思います。

沢山食べてゆっくり休んで

ゆんつ
ゆんつ

お疲れ様

次のレースを楽しみに待ちたいと思います。

馬券は外れたけど、ずっと応援します(笑)

メロディーレーンの単勝馬券

それでは、またー。

コメント