サムネイルが表示されない動画ファイルのサムネイルを表示する方法

PC

こんにちは、ゆんつです。

僕はiPhoneで動画を撮影してPCに取り込む機会が多いです。

iPhoneで撮影した動画はMOVというファイル形式になります。

現在、もっとも多く使われている動画ファイル形式であるMP4の動画ファイルの場合、エクスプローラーを開くとサムネイルで動画の内容を確認できるようになっています。

mp4はサムネイルが表示される

これにより、動画を再生しなくても何となく動画の内容を予想することができます。

ところが、MOVの動画ファイルの場合はサムネイルが表示されず、動画ファイルを再生するソフトのアイコンが表示されてしまいます。

movはサムネイルが表示されない

ですので、動画の内容を予想することが出来ません。

動画ファイルが1つなら実際に動画を再生して内容を確認すればよいですが、動画ファイルが複数ある場合はサムネイルが表示された方が何かにつけて便利です。

このような場合、フリーソフトの「Icaros」を導入することで、通常ではサムネイルが表示されないファイル形式の動画もサムネイルが表示されるようになります。

今日は、

Icarosの導入方法と使用方法

について書きたいと思います。

導入方法

以下のサイトにアクセスします。

Icaros
Icaros is a collection of lightweight, high-quality Windows Shell Extensions. It can provide Windows Explorer thumbnails for essentially any video media format

「DOWNLOAD NOW」というボタンをクリックすると、ZIPファイルのダウンロードが開始されるので、ダウンロードしたZIPファイルを適当なフォルダに解凍します。

「DOWNLOAD NOW」ボタンをクリック

解凍したファイルの中に「IcarosConfig.exe」というファイルがあるので、これをダブルクリックします(※ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」を選択)

「IcarosConfig.exe」をダブルクリック

アプリケーションが起動し、言語とテーマの選択画面になります。

言語とテーマの選択画面

言語はデフォルトでは「English」になっているはずなので「Japanese」に変更し、テーマは「LIGHT」と「DARK」の選択が出来るので好きな方を選択して「Continue」をクリック。

言語とテーマの設定をしてContinueをクリック

機能の説明(英語)画面になりますが、特に読まなくてもよいので「Got It!」をクリック。

「Got It!」をクリック

これで、アプリケーションが使えるようになりました。

アプリケーションが使えるようになった

使用方法

使い方は、とても簡単です。

アプリケーションを開くと、左メニューの「サムネイル」という項目が選択されているはずです。

サムネイル設定画面

その画面右側の「サムネイルファイルの種類」という項目に記述されているファイル形式が、Icarosによりサムネイル画像が作成されるファイル形式となります。

サムネイルファイルの種類

デフォルトでは

ape、cb7、cbr、cbz、divx、epub、flac、flv、mk3d、mka、mkv、mpc、ofr、ofs、ogg、ogm、ogv、opus、psd、rm、rmvb、spx、tak、tta、wav、webm、wv、xvid

が記述されています。

もし、これらのファイル一覧にサムネイルを表示したい動画のファイル形式が含まれていれば、この部分の設定はこのままで大丈夫です。

僕の場合は、サムネイルを表示したい動画ファイルはMOVなのですが、上記の一覧には含まれていません。

ですので、ファイル形式を追加します。

ファイル形式の一覧が記述されているテキストボックスをクリックします。

テキストボックスをクリックすると追記が可能になる

するとファイル名一覧の最後尾にマウスカーソルが現れて、追記ができる状態になります。

あとは、区切り文字にセミコロンを使用してサムネイルを表示したい動画のファイル形式を記述すればよいだけです。

ゆんつ
ゆんつ

区切り文字はセミコロン!

サムネイルを作成したいファイル形式をセミコロン区切りで追記

例えば、今回のケースの場合はMOV形式の動画ファイルを追加するので、ファイル一覧の末尾に

;mov

と記述し、キーボードのEnterキーを押します。

これで、movファイルが追加されました。

サムネイルファイルの種類にmovファイルが追加された

このような感じで、必要なファイル形式を追記していくことになります。

また、自分で記述しなくても、あらかじめ色んなファイル形式が設定されている「プリセット」も用意されています。

プリセット

右側の「プリセット」のセレクトボックスをクリックすると

  • デフォルト
  • 一般的な
  • ビデオ
  • オーディオ
  • 有名な
  • カスタム

という選択肢があります。

これらは、それぞれのタイプに合わせて必要となりそうなファイル形式が網羅されているので、一気に設定したい場合はプリセットを利用すると便利かもしれません。

サムネイルを作成するファイル形式の設定が終わったら、「非アクティブ」と書かれている部分をクリック。

非アクティブをクリック

すると、「非アクティブ」が「アクティブ」に変わります。

「非アクティブ」が「アクティブ」に変わる

これで、Icarosで設定した動画ファイルのサムネイルが作成され、エクスプローラーで確認するとサムネイルが表示されるようになります。

先ほどのMOV動画が入っていたフォルダを確認してみると・・・

Icarosで作成されたサムネイルが表示されるようになった

動画のサムネイルが表示されています!

Icaros導入前と導入後

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

このような感じで、「サムネイルファイルの種類」という項目に、サムネイルが表示されないファイル形式を記述することで、Icarosにより動画のサムネイルが作成され、エクスプローラーでサムネイルとして表示されるようになります。

サムネイル表示をやめたい場合

Icarosで設定したサムネイル表示をやめたい場合もあるかもしれません。

そんな場合は、サムネイルという項目のアクティブをクリック。

アクティブをクリック

すると非アクティブになります。

アクティブから非アクティブに変わる

これで、Icarosでサムネイルが作成されなくなります。

ただ、エクスプローラーで確認してみると、まだ動画のサムネイルが残っています。

非アクティブにしてもキャッシュされているサムネイルが表示される

これはキャッシュにサムネイルが残っているからです。

ですので、キャッシュをクリアします。

スタートボタン横の検索ボックスに「ディスク」と入力すると「ディスククリーンアップ」が出現するのでクリック。

ディスククリーンアップを起動する

ディスククリーンアップのドライブ選択ダイアログが開くので、システムドライブ(通常はCドライブ)を選択してOKボタンをクリック。

システムドライブを選択してOKボタンをクリック

削除するファイルを選択する画面になるので、「縮小表示」にだけチェックを入れてOKボタンをクリック。

「縮小表示」にだけチェックを入れてOKボタンをクリック

ファイルを削除するか聞かれるので、「ファイルの削除」ボタンをクリック。

ファイルの削除ボタンをクリック

少し待つとサムネイルのキャッシュが削除されます。

エクスプローラーに戻ってF5キーをおして更新すると、動画のサムネイルは表示されず、Icaros設定前のように動画再生アプリのアイコンが表示されるようになります。

以上が、Icarosで設定したサムネイル表示をやめる方法です。

動画の整理が楽になります!

というわけで、Icarosの導入方法と簡単な使用方法についてでした。

動画ファイルにきちんと内容がわかるような名前を付けていればいいですが、スマホで撮影した動画を取り込んだ場合のようにファイル名が連番になっている場合などは、サムネイルがあったほうが動画整理がしやすくなります。

もし、パソコンのフォルダにサムネイルの表示されないファイル形式の動画があったら。

Icarosを導入することで、その問題が簡単に解決するかもしれません。

何かの参考になれば幸いです。

それでは、またー。

コメント