アダルトコンテンツと判定されてポリシー違反で広告制限されたけど解決しました

ブログ関連

こんにちは、ゆんつです。

先日、メールを確認していたら「Google Publisher Policy」というところから「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」というタイトルのメールが届いていました。

ゆんつ
ゆんつ

えっ!

AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート

メールの内容を読んでいると、どうやら当ブログの特定のページでAdsenseのポリシー違反が見つかったというようなことが書いてあります。

メールに記載されていたAdSenseポリシーセンターのリンクをクリックしてみます。

ポリシーセンターを確認すると特定の記事がアダルトコンテンツと判定されていた

ポリシーセンターが開いたので確認してみると、僕のある記事がアダルトコンテンツと判断され、一部の広告主がこのサイトに広告を掲載しないように選択したようです。

そのアダルトコンテンツと判定された記事は、以下のものです。

くすぐったがりは苦労します
こんにちは、ゆんつです。 僕は「くすぐったがり」です。 首や脇をコチョコチョされてくすぐったがる人は多いと思いますが、僕はもっとひどいです。 人から脇や首筋に手を近づけられるだけで、実際にはくすぐられていないのに全身がゾワ
ゆんつ
ゆんつ

3年近く前の記事です

記事の内容は、くすぐったがりの僕が日常生活で困っていることについて書いたもので、とてもアダルト的な要素があるとは思えません。

しいて言えば、記事中で子供の頃の思い出話として「友達からくすぐられたときに笑いすぎておしっこを漏らした」と書いた部分が引っかかったのかなとも思いますが、こんなものがアダルトに該当するのかはとても疑問です。

記事内で使用している画像も、まったくアダルト的な要素はありません。

でも、Google様がポリシー違反と言ってきているので、何かしらの対応を考えなければなりません。

ゆんつ
ゆんつ

お代官様~

特定の記事がポリシー違反と警告された場合の対策

特定の記事がポリシー違反と言われた場合の対策には、いくつかの方法があります。

それは

  • 違反している記事を削除する
  • 違反している記事の内容をポリシーに適合するように修正して審査をリクエストする
  • 違反している記事から広告コードを削除する

というような方法です。

また、どう考えても違反していると思えない場合は記事を修正しないで再審査をリクエストすることもできますし、広告主による広告配信の制限を受けても良い場合は何も対応する必要はありません。

ポリシー違反があった場合の対処方法

僕の選択

特定の記事のポリシー違反(アダルト)の警告に対して僕が選んだ方法は

ポリシー違反だとは思えないので、記事を修正せずに審査をリクエストする

という方法です。

ゆんつ
ゆんつ

あの記事にアダルト要素は無い!

ポリシーセンターのページで「修正」をクリック。

ポリシーセンターのページで「修正」をクリック

「問題の詳細」画面になるので、「審査をリクエスト」ボタンをクリックします。

「問題の詳細」画面で「審査をリクエスト」ボタンをクリック

「審査をリクエスト」画面になるので、チェックボックスにチェックを入れ、「リクエストを送信」ボタンをクリック。

審査をリクエスト画面でチェックボックスをチェックし「リクエストを送信」ボタンをクリック

これで、審査のリクエストは完了です。

審査のリクエスト完了!

あとは、審査結果を待つだけです!

審査には通常1週間程度かかるみたいです。

審査結果

審査をリクエストした翌日、審査結果が返ってきました。

早いね

気になる審査結果ですが、「該当ページにはポリシー違反は見つかりませんでした」というものでした!

ポリシー違反は見つからなかったというメール

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

そして、アドセンスのポリシーセンターも「現在問題ありません」という表示に変わっていました。

ポリシーセンターからもポリシー違反の表示が消えた

これにより、広告配信の制限は解除されました。

ゆんつ
ゆんつ

ほっ

AIの誤判定?

というわけで、Googleから特定のページにおいてポリシー違反(アダルト)の指摘を受けましたが、審査により無事ポリシー違反が無いとのお墨付きを頂きました。

ネットを調べてみると、ポリシー違反の判定はどうやらAIが行っているというのが通説になっているようです。

ですので、人が見れば全然アダルトではないものでも、AIが画像や文章を機械的にチェックしてアダルトっぽいと判定すると警告が発せられるみたいです。

水着や肌の露出の多い画像を使っていたり、誰が見てもわいせつな文章を書いているような場合でアダルトの警告を受けた場合は修正が必要だと思いますが、そうでない場合はAIの誤判定かもしれないので修正せずに審査リクエストをすると案外簡単に解決するのかもしれません。

実は以前にも、「ローズマリーが枯れた」という記事が「衝撃的なコンテンツ」としてGoogleからポリシー違反の警告を受けて、広告を制限されたことがあります。

衝撃的なコンテンツと判定されて広告が制限されたけど解決しました
こんにちは、ゆんつです。 2020年4月6日。 ブログ用のメールアドレスを確認していたら「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」というメールが来ていました。 お前何かやったのか?

その時も、自分では衝撃的なコンテンツだとは思わなかったので、何も修正せずに審査をリクエストし、ポリシー違反ではないとのお墨付きを頂き、広告配信が再開されました。

ブログをやっていたら、アドセンスのAIによる誤判定を受けるのが宿命なのかもしれませんね。

それにしても、Googleからのアドセンス関係のメールは心臓に悪い(笑)

ゆんつ
ゆんつ

ちょっとドキッとしちゃった

それでは、またー。

コメント