衝撃的なコンテンツと判定されて広告が制限されたけど解決しました

ブログ関連

こんにちは、ゆんつです。

2020年4月6日。

ブログ用のメールアドレスを確認していたら「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」というメールが来ていました。

AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート

お前何かやったのか?

ゆんつ
ゆんつ

いや、身に覚えがないんだけど・・・

青天の霹靂とはこのことです。

メール本文を確認してみると、僕のブログの特定のページにアドセンスのポリシー違反が見つかり、該当ページでは広告掲載が制限又は停止されているようです。

AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート

そして、この問題を解決するには、違反しているコンテンツを削除して審査をリクエストするか、違反しているページから広告コードを削除する必要があるとも書かれています。

Googleからアドセンスのポリシー違反の警告をうけたのが、これが初めて。

ポリシー違反の状態を解消するために、何かしらの対応をしなければなりません。

ゆんつ
ゆんつ

さて、どうするか

ポリシーセンターを確認

メール内のリンクをクリックしてアドセンスの「ポリシーセンター」にアクセスしてみると、問題のあるサイトとして当ブログが対象となっていました。

ポリシーセンター

内容を確認してみると、僕のブログの特定の1ページに問題があるようです。

問題のあるサイトという部分をクリックしてみます。

問題のあるサイトという部分をクリック

すると、「サマリー」というページが開き、「ページに関する問題」という項目に

  • ポリシー違反となっている記事のURL
  • 修正の要否
  • 問題の内容
  • 現在の広告配信ステータス

などが記載されていました。

サマリーには違反の詳細が記載されている

以下が、その情報です

ページhttps://konpure.com/2018/04/02/post-6063/
要修正いいえ
問題衝撃的なコンテンツ
広告配信ステータス需要の制限
違反措置の前回の適用日2020年4月5日

どうやら、特定の記事が衝撃的なコンテンツなのでポリシー違反と判定され、広告配信が制限されているようです。

いったいどんな内容の記事が「衝撃的なコンテンツ」に認定されたのでしょうか?

衝撃的なコンテンツと指摘された記事

衝撃的なコンテンツとしてポリシー違反となった記事は、以下の記事です。

ローズマリーを枯らしました
こんにちは、ゆんつです。 僕の家ではローズマリーというハーブを3年くらい前から育てています。 ローズマリーは花も小さくてかわいらしく鑑賞するのも楽しいんですが、 ハーブなので料理に使ったり、お風呂に入れたりして

記事の内容を簡単に説明すると、

僕が育てていた「ローズマリー」が根詰まりで枯れた

というものです。

ローズマリーが元気な時の写真と枯れた時の写真の比較、ローズマリーが枯れる条件などについて調べたことを書いただけの記事で、記事の公開日は今から約2年前の2018年8月2日。

本当にポリシー違反なら、もっと早く通知がきそうだけどね

記事を上から下まで読み返してみましたが、衝撃的な表現や画像などもありませんし何が違反なのかさっぱりわかりません。

ゆんつ
ゆんつ

ローズマリーが枯れたことが、そんなに衝撃的かなあ?

広告は確かに制限されているようで、この記事には広告が表示されていませんでした(他の記事には表示されていました)

修正せずに審査のリクエストをしてみた

検索をしたりアドセンスのヘルプページを読んだりしましたが、僕にはポリシー違反とされた記事がなぜ違反とされたのかわかりませんでした。

対応策には以下のように書かれていました。

広告主による広告配信の制限を許容できる場合、特にご対応は不要です。ただし、広告配信をフルに再開したい場合は、問題の原因となっているコンテンツを削除または修正してから、審査をリクエストしてください。また、このページが制限の対象に該当しないと思われる場合も審査をリクエストしていただけます。

広告が制限された状態でいいなら特に対応は必要ないようです。

しかし、完全な広告配信を望む場合は審査のリクエストをしたほうがいいみたいです。

そして審査のリクエストは「ポリシー違反を修正した場合」だけでなく「該当のページが制限の対象に該当しないと思う場合」も可能なようです。

僕はこのページは制限の対象に該当しないと思うので、記事はまったく修正をせずに審査のリクエストをしてみることにしました。

「サマリー」というページで「審査のリクエスト」ボタンをクリックします。

サマリーの「審査をリクエスト」ボタンをクリック

すると「審査リクエストフォーム」が表示されるので、チェックボックスにチェックを入れて「審査をリクエスト」をクリック。

審査リクエストフォームのチェックボックスにチェックを入れ審査をリクエストをクリック

クリック後にサマリーのページに戻ると、広告配信ステータスに「審査中」という言葉が加わり、衝撃的なコンテンツというキーワードの下には審査のリクエストが送信された旨のメッセージが表示され、「審査のリクエストボタン」がグレーアウトしていました。

リクエスト後は広告配信ステータスが審査中になる

これで、ポリシー違反のページが審査してもらえます。

結果が出るまでには1週間前後を見込んでおいた方が良いみたいです。

問題なかったようです

審査のリクエストをしてから約5時間後。

再度アドセンスのポリシーセンターにアクセスしてみると

審査の結果、問題は検出されなかった

問題は検出されませんでしたという状態になっていました。

そしてポリシー違反とされた記事を確認してみると、広告も再び表示されていました。

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

どうやら、ポリシー違反とされた記事は何の問題もなかったようです。

この後、審査結果メールも送られてきて「該当ページにはポリシー違反は見つからない」と書かれていました。

ポリシー違反は見つからなかったという審査結果メール

ゆんつ
ゆんつ

ホッ

良かったな

審査終了まで1週間くらいかかると書かれていましたが、かなり早く審査してくれたようですね。

これまで、一度もポリシー違反をしたことがなかったので、ポリシー違反のメールを受け取ったときは結構びっくりしました。

でも、ちゃんと記事を確認して違反が無いことを確認し、審査のリクエストをしたら無事にポリシー違反が無いことが確認されました。

ゆんつ
ゆんつ

いい経験になりました

もし、ポリシー違反のメールが届いた場合。

記事の内容を確認して問題がなさそうなら、何も修正せずに審査リクエストするのも1つの方法だと思います。

ちなみに似たような事例で、特定の記事がアダルトコンテンツと判定されて広告を制限されたこともありますが、その時も今回と同じ対応で解決しました。

アダルトコンテンツと判定されてポリシー違反で広告制限されたけど解決しました
こんにちは、ゆんつです。 先日、メールを確認していたら「Google Publisher Policy」というところから「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」というタイトルのメールが届いていました。 ゆん

もし、興味がありましたら、そちらの記事もご覧ください。

それでは、またー。

コメント