【Premire Pro】動画のBGMに同じ曲をループさせたものを使う方法【Audition】

【Premire Pro】動画のBGMに同じ曲をループさせたものを使う方法【Audition】Premiere Pro

こんにちは、ゆんつです。

長時間動画にBGMを使用する場合に同じ曲をずっとループさせたい場合があります。

このような場合。

タイムラインに曲をセットして

タイムラインに曲をセット

それを次々コピーして動画の終わりまで敷き詰めるという方法もあります。

タイムラインにセットした曲をコピーしてループBGM作成

ただ、この方法だと曲のつなぎ目では一旦曲が終わって、また始まる感じになってしまいます。

曲をコピーして繋げるループBGMでは一旦曲が終わってしまう

曲を終わらせずにループさせたい場合。

曲の終わり部分をカットしていい感じに繋げることもできるのでしょうが、違和感なく曲が繋がるポイントを自力で見つけるのはかなり大変です。

このような場合。

「Abode Audition」を使うことで、簡単に曲が自然な感じでループするBGMを作ることが出来ます。

そして作ったBGMは、そのままPremire Proに書き出せるので直ぐに動画に使用することが出来ます。

ゆんつ
ゆんつ

Abode AuditionはAdobe CCに含まれています

今日は

Abode Auditionを使ってループBGMを作り、Premire Proで使用する方法

について書きたいと思います。

曲をループさせたBGMを作る

Premire Proのプロジェクトパネルに読み込んだループさせたい曲の上で右クリックし、現れたメニューから「Adobe Auditionで編集」⇒「クリップ」をクリック。

ループさせたい曲の上で右クリックし「Adobe Auditionで編集」⇒「クリップ」をクリック

すると、その曲が読み込まれた状態でAuditionが起動されます。

曲が読み込まれた状態でAuditionが起動する

Audition画面左上のマルチトラックをクリック。

画面左上のマルチトラックをクリック

「新規マルチトラックセッション」というウィンドウが現れます。

「新規マルチトラックセッション」ウィンドウ

ここでは

  • セッション名⇒適当なセッション名を入力
  • フォルダーの場所⇒参照ボタンをクリックしてデータの保存場所を決定する
  • サンプルレート⇒読み込んだ曲と同じサンプルレートを選択

という感じで設定すると良いと思います。

新規マルチトラックセッションの設定を行う

ちなみに読み込んだ曲のサンプルレートは、画面左上の読み込んだファイルが表示されている部分の「サンプルレート」という項目に表示されています。

読み込んだ曲のサンプルレートは、画面左上の「サンプルレート」という項目に表示されている

新規マルチトラックセッションの設定が済んだら、OKボタンをクリック。

読み込んだ曲をトラックにドラッグ&ドロップ。

曲をトラックにドラッグ&ドロップ

もし、このときに「サンプルレートが一致しない」という警告メッセージが出たら「OK」ボタンをクリックすると、Auditionが曲を自動でサンプルレートと一致するようにしてくれます。

「サンプルレートが一致しない」という警告メッセージが出たら「OK」ボタンをクリック

トラックに曲が読み込まれたら「プロパティ」をクリック。

トラックに曲が読み込まれたら「プロパティ」をクリック

プロパティの「リミックス」という項目にある「リミックスを有効化」ボタンをクリック。プロパティの「リミックス」という項目にある「リミックスを有効化」ボタンをクリック

曲の分析が行われます。

分析が終わると「ターゲットデュレーション」という項目を設定できるようになります。

曲の分析が終わると「ターゲットデュレーション」を設定できるようになる

一旦、Premire Proに戻りましょう。

プログラムモニタの右下にタイムラインに配置した動画の総再生時間が表示されます。

Premire Proのプログラムモニタで再生時間を確認

ゆんつ
ゆんつ

9分51秒37か

この時間を参考にして、Auditionのターゲットデュレーションに曲をループさせたい大体の時間を入力します。

Auditionのターゲットデュレーションに曲をループさせたい大体の時間を入力

ちなみに、ターゲットデュレーションぴったりにループするBGMが作成されるわけではなく、ターゲットデュレーションからプラスマイナス5秒の範囲内で曲がループするBGMが作成されます。

ですので、動画よりも短いBGMが出来てしまった場合はやり直してターゲットデュレーションを少し長めにすると良いと思います。

ゆんつ
ゆんつ

今回は丁度の時間を入力してみました

ターゲットデュレーションを入力してエンターキーを押すと、後はAuditionが自動的にターゲットデュレーションで設定した時間に近い長さの違和感のないループBGMを作成してくれます。

ターゲットデュレーションを入力してエンターキーを押すと、Auditionが自動的にループBGMを作成してくれる

作成されたループBGMをトラックで確認してみると波線の部分があります。

トラックの波線の部分が編集点

これが、Auditonが曲を分析して自動的に編集を行って繋げてくれた部分になります。

再生ボタンを押して作成されたループBGMを視聴し、つなぎ目部分が不自然ではないか確認します。

再生ボタンをクリックして出来上がったループBGMを確認

以上で、曲をループさせてBGMを作る作業は完了です。

Premire Proに書き出す

Auditoinで作成したループBGMをPremire Proに書き出します。

Auditoinのメニューバーから「ファイル」⇒「書き出し」⇒「Adobe premiere Proへ書き出し」をクリック。

Auditoinのメニューバーから「ファイル」⇒「書き出し」⇒「Adobe premiere Proへ書き出し」をクリック

「Adobe Premire Proへ書き出し」というウィンドウが現れるので「書き出し」ボタンをクリック。

「Adobe Premire Proへ書き出し」というウィンドウが現れるので「書き出し」をクリック

Premire Proの画面に切り替わり、「Adobe Auditionトラックをコピー」というウィンドウが現れます。

Auditionで作成したループBGMを書き出したいトラックを選択し「OK」ボタンをクリック

「アクティブシーケンスにコピー」のセレクトボックスをクリックしてAuditionで作成したループBGMを書き出したいトラックを選択し「OK」ボタンをクリックします。

ゆんつ
ゆんつ

今回は「オーディオ1」にしました

オーディオ1にAuditonで作ったBGMを書き出すこととした

すると、Premire Proの指定したトラックにAuditionで作成したループBGMが書き出されます。

Premire Proの指定したトラックに、Auditionで作成したループBGMが書き出された!

後は、動画の長さに合うようにBGMをカットし、BGMの最後にフェードアウトの効果を付けたりすれば動画の完成です!

動画編集作業が楽になります

以上が、Premire ProとAuditionを連携させたループBGMの作り方と書き出し方法です。

この方法の一番のメリットは

ループBGMの作成が楽!

なことです。

自分で曲の編集点を探して自然につなぐのは慣れないととても大変ですが、この方法ならAuditionが曲を分析して自然な感じにつないでくれるので本当に手軽で便利です。

Premire ProとAuditionの連携もとてもスムーズなので、いったん手順を覚えてしまえばとても短時間でループBGMを作成して動画に使用することが出来ます。

動画のBGMに同じ曲をループさせたBGMを使用したい場合の参考になれば幸いです。

それでは、またー。

コメント