欠けた歯を放置した結果、永久歯を抜くことになった話

こんにちは、ゆんつです。

皆さん、ちゃんと歯の手入れしてますか?

歯ブラシとタオル

食後に欠かさず歯磨きをしたり、歯に異変があったらすぐに歯医者に行ったりすることは歯の健康のためにはとても大事です。

こんなことを言いながら、僕は歯に異変があったにも関わらず放置してしまい歯医者に行きませんでした。

そして、先日。

永久歯を抜く羽目になりました。

ゆんつ
ゆんつ

もう永久に生えてこない・・・うう・・・

今日は生まれて初めて永久歯を抜いた話を書きます。

原因

ある日の夕食時。

ご飯をかんでいると頭の中に「バキッ」という音が響きました。

ゆんつ
ゆんつ

ん?

口から噛みかけのご飯を出すと、咀嚼されたご飯に混じって白い欠片のようなものがあります。

しかもその欠片には、ところどころ黒い部分がありました。

お茶で口の中に残っているものを流し込んで口の中をきれいにし、舌先で口の中を探っていきます。

舌で歯を触っていくと、上の右奥から2本目の歯が斜めに半分くらいがっつり欠けているのがわかりました。

慌てて洗面所に駆け込み、鏡で口の中を見てみると、奥歯が欠けて歯が直角三角形を立てたような感じになっていました。

結局「バキッ」という音は歯が欠けた音で、咀嚼したご飯に混じっていた白い欠片は奥歯の欠片でした。

すぐ病院に・・・行きませんでした

普通の人なら、こんなことがあったら翌日に病院に行くと思います。

でも僕は行きませんでした。

ゆんつ
ゆんつ

だって怖いもの・・・
永久歯だから抜かれることになったら激痛だし・・・
抜いたらもう生えないし・・・

それから1か月。

冷たい物や熱い物が歯の欠けた部分にしみるのをじっと我慢していました。

そして我慢しているうちに、いつしか熱いものや冷たいものが歯にしみることもなくなりました。

突然の激痛

歯が欠けてからちょうど1年くらいたったある夜。

もはや何の痛みも感じなくなったはずの欠けた歯がやたらとうずきます。

眠れないほどの痛みではないので何とか眠りましたが、朝起きてもズキズキとした痛みがあります。

しかも痛みは昨日よりも確実に強くなっており、痛み止めを飲まないと我慢できないくらいの痛みになってきました。

僕は怖がりですが、痛いのが続くのはもっと我慢できません。

朝一番で歯医者に予約の電話をかけ、翌日見てもらえることになりました。

5年ぶりの歯医者

こうして僕は欠けたまま1年放置した歯を治療するため、5年ぶりに歯医者に向かいました。

受付で現在の症状を説明し、診察台に座ります。

先生が一通り口の中を診察し、レントゲンを取ることになりました。

レントゲンを見ながら先生は

お医者さん
お医者さん

欠けている歯はもう駄目なので抜きます。
隣の歯は虫歯を削って残せます。

と言いました。

ゆんつ
ゆんつ

えっ!!隣?

お医者さん
お医者さん

隣も虫歯ですよ

ゆんつ
ゆんつ

ええーーーっ!

なんと奥から2番目の欠けた歯だけではなく、その隣にある親知らずまで虫歯になっているらしいのです。


先生は

お医者さん
お医者さん

歯が掛けた部分に食べカスが詰まって、それが原因で隣接する歯まで虫歯にしてしまったのかもしれないね。
もっと早く来てくれれば欠けた歯だって残せたかもしれないのに・・・

という説明をしてくれました。

後悔先に立たずとはこのことです。

僕は痛みが無くなったのをいいことに欠けた歯を1年も放置し、隣の親知らずまで虫歯にしてしまいました。

とりあえず、この日は欠けた歯を抜歯し、後日虫歯の治療をすることになりました。

抜歯は痛くなかった

麻酔をしてから抜歯が始まりました。

「永久歯の抜歯は痛い」というイメージを持っていた僕は、診察台の上で体をぎゅっと固くしていました。

なぜなら閻魔大王が持っているでかいペンチみたいなので、無理やり永久歯を引っこ抜かれるとばかり思っていたからです。

閻魔大王のペンチ

実際は先生が割れている奥歯をさらに機械で割って、割った歯をピンセットで少しずつ取り除いているようでした。

抜歯の開始から終了まで約15分くらいだったと思います。

欠けた奥歯を放置していた時の歯痛と比べると、抜歯は全然痛くありませんでした。

ゆんつ
ゆんつ

永久歯の抜歯がこの程度の痛みだとわかってたら、もっと早くに病院に来てたのに・・・

僕はすぐに歯医者にいかなかった臆病者の自分を心の中で責めながら治療室を出ました。

抜歯後がすごく痛かった!

痛み止めなどの薬の説明を受け、会計を済ませて病院を出ました。

かなりの痛みを覚悟して歯医者にやってきてきたのですが、治療が想像よりも痛くなかったので、帰りの足取りはとても軽かったです。

最初は治療が終わったら直ぐに家に帰るつもりでしたが、歯痛が治ったのがあまりに嬉しかったのでテンションがあがり、服屋と本屋に寄って帰ることにしました。

服屋で服を買い、本屋で本を選んでいると、麻酔が切れてきたのか抜歯した箇所がすこしずつズキズキしてきます。

それでも我慢して本を選んでたら、ズキズキがどんどんひどくなってきます。

本どころではなくなり、慌てて家に帰ります。

家までの道のりを歩いていると抜歯した個所が痛くて痛くてたまりません。

これまでで一番の痛みです!

僕は家まで我慢できず、コンビニで水を買って病院で貰った痛み止めの薬を飲みました。

薬を飲んで数分すると痛みはどんどん引いていき、帰宅してしばらくすると痛みは完全に治まりました。

翌日になるとほとんど痛みはなくなり、痛み止めの薬を飲むこともなくなりました。

その後

抜歯から約1週間後に再び診察を受け、抜歯した箇所の治り具合を確認してもらいました。

それから何回か通院して抜歯した歯の隣にあった親知らずの虫歯を削って神経を取り、被せ物をしてすべての歯の治療が終わりました。

上の右奥から2番目の歯を抜いたので、抜いた当初は親知らずと奥から3番目の歯の間は大きな間隔が開いていましたが、抜歯箇所の歯茎が治るに従い抜歯した歯の両サイドの歯が接近してきて、今では親知らずと奥から3番目の歯の間にはほとんど隙間も無くなりました。

最後に

もしこの記事を読んでいる人で、歯が欠けている、虫歯があるのに歯医者が苦手で放置しているという人がいたら。

すぐに歯医者に行ってください!

歯医者が怖くてなかなか行かずに歯を一本失い、隣の歯まで虫歯にした僕が言うんですから説得力があると思います。

放置してたら痛みが無くなることもありますが、それは治ったのではなく一時的なものです。

早く歯医者に行くほど歯が残せる確率が高くなります!

僕の心からのメッセージです。

ゆんつ
ゆんつ

君に届け!

コメント