永久歯を抜いた話

こんにちはゆんつです。
皆さんのちゃんと歯の手入れしてますか?

今日は少し前に初めて永久歯を抜いた話を書きます。

スポンサーリンク

原因

ある日の夕食時ご飯をかんでいると頭の中に「ガリッ」という音が響きました。
「ん?」
口から噛みかけのご飯を出すと歯です!ハデス!
切断面にはところどころ黒い部分がありました。
舌で触ると上の右奥から2本目の歯ががっつり欠けているのがわかります。
鏡を見ると間違いなく欠けています。
「もう一度口を閉じて開けて見たら欠けてないかも。」と思ってやってみましたが、
やっぱり欠けてました。

すぐ病院に・・・行きませんでした

普通の人ならすぐに病院に行くと思います。
でも僕は行きませんでした。
だって怖いもの・・・永久歯だし・・・抜いたらもう生えないし・・・
それからは1か月間常温ではない飲み物が欠けた歯にしみるのをじっとがまんしていました。
そうこうしているうちに熱いものや冷たいものが歯にしみることもなくなりました。

突然の激痛

歯が欠けてからちょうど1年くらいたったある夜。
もはや何の痛みもなかった欠けた歯がやたらとうずきます。
寝れないほどではないので寝ましたが、起きても痛みがあります。
しかも痛みは昨日よりも強くなっていました。
僕は怖がりだけど、痛いのが続くのはもっと我慢できません。
朝一番で歯医者に予約の電話をかけ、翌日見てもらえることになりました。

5年ぶりの歯医者

受付で症状を説明し、診察台に座ります。
先生が一通り口の中をみるとレントゲンを取ることになりました。
レントゲンを見ながら先生は「欠けている歯はもう駄目なので抜きます。隣の歯は虫歯を削って残せます」と言いました。

僕 「えっ隣?」
先生「隣も虫歯ですよ」


先生は「歯の欠けを放置していたので、掛けた部分に食べ物が詰まって、隣の歯まで虫歯にしてしまったのかもしれない。早く来てくれれば欠けた歯も残せたかもしれないのに」というような説明をしてくれました。

とりあえずこの日は欠けた歯を抜歯し、後日虫歯の治療をすることになりました。

痛くない

麻酔をし抜歯が始まりました。
「永久歯の抜歯は痛い」というイメージを持っていた僕は体をぎゅっと固くしていました。
なぜなら閻魔大王が持っているでかいペンチみたいなので抜かれるとばかり思っていたからです。

実際は先生が割れている奥歯をさらに機械で割り、割った歯を少しずつ取り除いているようでした。
抜歯の開始から終了まで15分くらいだったと思います。
はっきり言って歯痛にくらべて、全然痛くありませんでした。
「これくらいと知っていればもっと早く来たのに・・・」
僕は自分に後悔をしながら治療室を出ました。

すげえ痛い

痛み止めなどの薬の説明を受け、会計を済ませて病院を出ました。
かなりの痛みを覚悟して歯医者にやってきてたので、帰りの足取りはかなり軽かったです。
最初は治療が終わったら直ぐに帰るつもりでしたが、歯痛が治ったのがあまりに嬉しかったのでテンションがあがり、服屋と本屋に寄って帰ることにしました。
服屋で服を買い、本屋について本を選んでいると、抜歯した箇所がすこしずつズキズキしてきます。
それでも我慢して本を選んでたら、ズキズキがどんどんひどくなってきます。
本どころではなくなって、慌てて家に帰ります。
家までの道のりを歩いていると痛くて痛くてたまりません。歯痛の頃と変わらなくなってきました。
僕は家の手前にあるコンビニで水を買って、慌てて水を買い、痛み止めを出して飲みました。
家につきしばらくすると痛みは治まりました。
結局これが最後の痛みでした。

その後

約1週間後に再び診察を受け、抜歯した箇所の治り具合を確認してもらいました。
その後何回か通院して隣の歯の虫歯を削って神経を取り、被せ物をして僕の治療は終わりました。
最初は抜いた部分当然大きな隙間になっていましたが、抜歯箇所の歯茎が治るに従って、抜歯した歯の
両サイドの歯が接近してきて、今ではほとんど隙間も無いです。

最後に

もしこの記事を読んでいる人で、歯が欠けている、虫歯があるのに歯医者が苦手で言ってない人は直ぐに行ってください。
歯医者が怖くてなかなか行かずに歯を一本失い、隣の歯まで虫歯にした
僕が言うんですから説得力があると思います。
早くいけば行くほど歯が残せる確率が高くなりますよ。
歯でもなんでも早期発見、早期治療ですよ。←お前が言うな。

ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました