シェアハウスに住んで良かったこと

シェアハウス

こんにちは、ゆんつです。

僕はシェアハウスに通算5年間住んでいました。

良くシェアハウスの住人へのインタビュー記事などでシェアハウスに住んで良かったこととして「彼女が出来た」「親友が出来た」「語学が上達した」「仕事上の人脈ができた」等の記事を目にすることがあります。

僕もシェアハウスに住んで良かったなと思うことがあります。

でもそれは彼女とか友達とかではありません。

今日は僕がシェアハウスに住んで良かったなと思うこと書きます。

スポンサーリンク

不要な物を持たなくなった

これに尽きます。

「別にシェアハウスに住まなくてもできるだろ」と言われそうですが、僕はシェアハウスに住まないとできなかったと思います。

僕は実家に住んでいた時やアパートで独り暮らしをしていたときは、欲しいものがあると直観的に買っていました。

部屋を飾る小物だの小さな観葉植物だの雑誌だのビーズのクッションだの値段は高くないですが地味に場所をとるようなものや、一目ぼれして買ったはいいけど結局1回しか使わないものなどを気分の赴くままに買っていました。

お陰で部屋の中はいつもグチャグチャしていて、それらを整理するために新しくカラーボックスを買ってまた品物を増やすというメチャクチャな事をしていました。

ところが5年間のシェアハウス生活で、物を買う時には直ぐに買わずに本当に必要か考えて買うようになり、不要なものは持たなくなりました。

これはひとえにシェアハウスの狭さのお陰です。

僕が住んだシェアハウスは6畳から広くても8畳の物件でした。

収納だって小さめの収納が1つあるだけです。

物を沢山置こうにも置いてしまうと自分の生活スペースがなくなってしまうため断念せざるを得ないのです。

なので物を買う時の思考が変わりました。

シェアハウスに入居するまではこういう思考で買い物をしていました。

買ったものがどれくらい場所をとるかなんてどうでも良かったのです。

買ってしまえば無理にでもその物のためのスペースを作るんですから。

それがシェアハウス入居後はこうなりました

厳密にいうともっと沢山分岐があるんですが、簡略化するとこんな感じです。

僕は事務の仕事をしていたので、自分の部屋に仕事を持ち帰って書類作成をしているときにプリンターで印刷したくなることがありました。

プリンターは1万円位出せば買えるので、実家や一人暮らしなら迷わず買っていたと思います。

でも狭いシェアハウスで余計なものを増やしたくありません。

ラウンジで入居者の人と話しているとプリンターを持っている人がいることが解りました。

僕はプリンターを貸してもらえるようにお願いし、快く貸してもらえました。

プリンターを返すときに紙代とインク代としていくらかお金を渡そうとしましたが受け取ってくれないので、お礼としてビールを何本か渡しました。

その後も何度かプリンターを借りましたが、コンビニのコピー機で印刷できるネットプリントというのがあることを知ってからはそちらを利用するようになりました。

これまでと違い買わずに済む方法を考えるようになったのです。

一番最初のシェアハウスに入居した時に僕は大き目の段ボール4つを実家から送りました。

中身はほとんどが衣類で後は日常生活に欠かせない電化製品(ドライヤーやノートPC等)や仕事用のカバンでした。

シェアハウス生活が始まって自分で考えてどうしても必要だと思うものは買いました。

それについてはこちらの記事をご覧ください。

シェアハウスに住んでいながら自分で買ったもの
こんにちは、ゆんつです。 シェアハウスは洗濯機や冷蔵庫などの家電製品から食器、トイレットペーパーまで日常生活に必要なものが全てそろっているところが多いです。 だから入居したその日から特に自分では何も買わずに生活できたりします...

それ以外は最小限の衣類や消耗品を除き全く買いませんでした。

衣装ケースも買わず、実家から荷物を送った段ボールに「春夏」「秋冬」とマジックで書いてそれを衣装ケースがわりにしていました。

そして5年間のシェアハウス生活を終えて引っ越しをするときに僕が引っ越し先に送った荷物は、入居時と同じ大きめの段ボール4つでした。

シェアハウス生活で買ったものもあったので、ほんの少しだけ入居時よりも荷物は増えましたがそれでも段ボール4つで収まったのです。

シェアハウスに入居する前の僕からは考えられないことでした。

そして今

シェアハウスを出た今も買い物をするときは「自分にとって本当に必要な物か」というのを良く考えて買うようになりました。

時折失敗することもありますが、昔の様にネットで見て気に入ったものを衝動買いするということはほとんど無くなりました。

今は物を買うよりも減らす方に楽しみを感じます。

昔は物があることに満足感を覚えていましたが、今は物を減らして空きスペースが出来ることに満足感を感じます。

物が無いと何より掃除が楽ですしね。

このことに気づかせてくれたことが、僕が思うシェアハウスに住んで良かったことです。

それでは、またですー。

シェアハウス
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました