僕が思う一番美味しいシーチキンの食べ方

料理

こんにちは、ゆんつです。

季節はもう冬になろうとしていますが、僕の食欲の秋は続いています。

一応ダイエットをしているのでおかわりはしない方がいいのですが、そんなことも無視してしまうくらいこの時期はご飯がすすみます。

正直に言うとこの時期に関わらず年中ご飯がすすんで止まることがありません。

人それぞれご飯の友というのがあります。

メインのおかずではないですがちょっとした小鉢で出てきてアツアツの白ご飯にのっけてたべるとその美味しさに思わず笑顔になるようなものです。

例えば佃煮や明太子、納豆などがご飯の友の定番ではないでしょうか。

僕も納豆や明太子は好きですが、一番好きなご飯の友はシーチキンです。

これさえあればメインのおかずが無くても丼2杯くらい軽く食べられるくらいシーチキンが好きです。

シーチキンにマヨネーズや醤油をかけるだけでも美味しいですが、僕にはもっと好きな定番の食べ方があります。

今日は僕が思う一番おいしいシーチキンの調理法について書きたいと思います。

材料

シーチキン 1缶

醤油 大さじ1

砂糖 大さじ1

手順

1. シーチキンを油ごと鍋に空ける

「油ごと」というのが重要です。

シーチキンのフタで油をぎゅっと絞ったりしないようにしてください。

2. 醤油と砂糖を入れて弱火でコトコト煮る

こげないように時々混ぜながらコトコト煮ます。

3. 煮詰まって汁気が無くなったら完成

作り始めから約10分位で完成します。

食べよう

良い色に出来上がりました。

これを炊きたてアツアツのい白ご飯に乗せて

パクッ

甘辛く煮られたシーチキンと白ご飯が口の中で混ざり合って絶妙な味になります。

シーチキンの缶の中にある油にシーチキンの旨みが溶けだしていると思うんですが、その油と一緒にシーチキンを煮ることで旨味がシーチキンに戻っているからこの美味しさになってるんだと思います。

昔カロリーを減らすために油をフタでギュッと絞って煮たことがあるんですが、出来上がりがポソポソとした食感で旨味も減って美味しさがダウンしていました。

なので油は捨てない方が良いです。

このシーチキンで作ったご飯の友があるとご飯がどんどんなくなります。

下手するとメインのおかずよりも、こっちの方が好きなくらいです。

まさに「脇役が主役を食う」といった感じです。

昔は風邪をひくとおかゆと梅干しとこのシーキチンが出てくるのが定番でした。

風邪をひいていてもこのシーチキンがあれば食欲が沸いて風邪を早く治す手助けをしてくれたものです。

小さいころから僕の側にはこのシーチキンがいたのです。

そしてこれからもこのシーチキンとずっと仲良くしていきたいと思います。

ところで、皆さんはシーチキンとツナ。

どっちの呼び方ですか?

僕は断然シーチキンです。

シーチキンの方が食べた時にもりもりパワーが出そうな気がするからです。

ツナだと頼りないです。

まあそんなことは置いといて、もし興味があればやってみてください。

その際はご飯を多めに炊いておいた方が良いですよ。

それでは、またですー。

コメント