ダイソーで売ってるでっかいチョコは美味いのか?

食品

こんにちは、ゆんつです。

バレンタインデーが近づいてきて、ショッピングモールやスーパーなどではバレンタインコーナーが設けられています。

ショッピングモールやスーパーだけではありません。

僕が行きつけのダイソーでもバレンタインコーナーの一角が設けられていました。

そのバレンタインコーナーで目に付いたのがこのチョコ。

「BIG Milk Chocolate(ビッグミルクチョコレート)」です。

BigMilkChocolateパッケージ表

「Big」と名付けられているように、明らかに普通の板チョコより大きいです。

お馴染みの明治ミルクチョコレートと並べてみましょう。

BigMilkChocolateと明治ミルクチョコの大きさ比較1

BigMilkChocolateと明治ミルクチョコの大きさ比較2

Big Milk Chocolateの方が2まわりくらい大きいです。

内容量は「Big Milk Chocolate」が70g、「明治ミルクチョコレート」が50gなので「BIG Milk Chocolate」は普通の板チョコの1.4倍の大きさです。

これだけサイズが大きくて果たして味のほうはどうなでしょうか?

栄養成分表示等

栄養成分表示

栄養成分表示を明治ミルクチョコレートと比較してみます。

Big Milk Chocolate明治ミルクチョコレート
内容量70g50g
エネルギー389kcal279kcal
たんぱく質3.4g3.9g
脂質23.6g17.4g
炭水化物40.7g27.7g
ナトリウム36mg76mg

大きさが1.4倍なので、カロリーも約1.4倍ですね。

原材料を比較してみます。

原材料表示

Big Milk Chocolate明治ミルクチョコレート
砂糖砂糖
カカオマスカカオマス
乳糖全粉乳
全粉乳ココアバター
ココアバターレシチン
植物油脂香料
乳化剤
香料

製造元は高岡食品工業株式会社で、チョコレート関連の商品を製造している老舗の会社みたいです。

高岡食品工業株式会社 ホームページ

食べてみよう

見た目はごく普通の板チョコですね。

香りも特に普通の板チョコと変わりがありません。

いただきまーす。

いただきまーす

パクッ

口に入れると少し間があってからゆっくりと溶け始めます。

口溶けは遅め。

チョコが溶けて行く時に舌に砂糖のザラザラとした感じを強く感じます。

そしてチョコを噛んでも、やはり砂糖のザラザラした食感が強いです。

味は砂糖の甘さが強く、カカオの風味やコクが薄め。

うーん・・・

食べれば食べるほど砂糖っぽさとカカオが薄いことが気になります。

チョコレートを食べているというよりもチョコレート風味の砂糖を食べているような感じです。

ですので1枚の量は普通の板チョコよりも多いのですが、食べ終わった後にチョコレートを食べたときの幸せな感じや満足感が薄いのです。

サイズは小さくても明治や森永、ロッテなどの有名メーカーが出している板チョコの方が口溶けが滑らかでカカオの香りとコクがあり圧倒的に美味しいと僕は思います。

というわけで、ダイソーのでっかい板チョコは砂糖っぽさが強く、カカオの味やコクが薄くてあまり美味しくないという印象を受けました。

量が多いので食いしん坊への義理チョコにはいいかもしれません。

あくまでも僕の主観なので、興味がある方はご自身で試してみてください。

ちなみにビッグミルクチョコだけじゃなくてビッグホワイトチョコもありました。

それでは、またですー。

コメント