納豆天かすうどん

料理

こんにちは、ゆんつです。

ゆんつ
ゆんつ

「納豆」と相性が良い食べ物は?

と聞かれると「ご飯」という人が多いと思います。

でも僕はご飯よりも合ってるんじゃないかと思っているものがあります。

それは「うどん」です。

子供の頃から納豆はご飯と一緒に食べるよりも、うどんと一緒に食べる機会が多かったので僕は「納豆」と聞いて次に連想するのは「ご飯」ではなく「うどん」なのです。

今日は子供の頃から現在に至るまで良く食べている「納豆うどん」をご紹介します。

スポンサーリンク

材料

納豆 1パック

うどん 1玉

麺つゆ 小さじ1/2

天かす 大さじ1

薬味

万能ねぎ 適量

手順

1. うどんをゆでる

お湯を沸かして、既定の時間うどんをゆでます。

うどんをゆでる

2. 納豆をかき混ぜる

うどんをゆでている間に納豆を器に入れてかき混ぜます。

納豆

この時に納豆に付属しているタレは入れずに混ぜます。

納豆を同時にタレを入れて混ぜないのは、最初からタレと入れてかき混ぜると納豆の粘りが弱くなるからです。

ゆんつ
ゆんつ

サラサラになるからね

ですので先に納豆だけで200回くらいかき混ぜてしっかり粘らせます。

200回かき混ぜた納豆

混ぜる回数が200回というのは、納豆が一番美味しくなる混ぜ回数が200回と言われているからです。

3. タレと天つゆと天かすを加える

よく混ぜた納豆に納豆のタレと、天つゆ、天かすを加えて更に100回くらい混ぜます。

混ぜた納豆にタレ、天かす、天つゆを入れる

納豆、タレ、天かす、天つゆが混ざった状態

4. 茹でたうどんを投入する

納豆が入っている器に、茹であがって湯切りをしたうどんを投入します。

うどんを投入

箸でかき混ぜて、うどんと納豆と天かすを絡めます。

かき混ぜる

5. 薬味のネギを入れたら完成!

最後に薬味として万能ねぎをパラパラと散らしたら完成です。

薬味の万能ねぎを入れて完成

食べよう

納豆天かすうどん

うどんに納豆と天かすがしっかりまとわりついています。

麺に絡みつく納豆と天かす

ツルツル

うどんのツルツルと納豆のネバネバが実に良く合います。

ただでさえ喉ごしの良いうどんが、納豆のネバネバによりさらに喉ごしが良くなりツルツルとお腹に収まっていきます。

味のポイントは「麺つゆ」と「天かす」です。

納豆と納豆に付属するタレだけだと、ご飯と食べるときは良いのですが、うどんと一緒に食べるにはやや味が薄くぼんやりしてしまうのです。

小さじ1/2の麺つゆと「天かす」を入れることで、うどんと一緒に食べるのにちょうどよい味の濃さになりコクが出て美味しくなるのです!

うどんにはかけうどん、きつねうどん、天ぷらうどん、月見うどんなどなど様々な種類がありますが、僕は家で作るこの「納豆天かすうどん」が一番好きで飽きないです。

材料費を全部合計しても100円もかからずにつくれるのもうれしいポイントです。

ゆんつ
ゆんつ

100円でおなか一杯になるよ

「納豆とうどん」は、「ご飯と納豆」に匹敵するくらい相性がいいので、もしやったことが無い方は是非やってみてください。

納豆とうどんのツルツルネバネバした食感と味の相性の良さにハマってしまうこと間違いなしです。

それでは、またですー。

料理
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました