2回目のワクチン接種してきました!

雑記

こんにちは、ゆんつです。

2021年9月上旬、コロナワクチンの1回目の接種をしてきました。

ワクチン(1回目)打ってきました
こんにちは、ゆんつです。 相変わらず猛威を振るうコロナウィルス。 僕の身近ではまだ感染した人はいませんが、誰がいつ感染してもおかしくない状況です。 そんなコロナ禍の中、僕もついにコロナワクチンを打てる対象者に含まれるように

ワクチンへの異物混入や接種後の副反応に関するニュースを見ていたので、ワクチン接種に少しだけ不安もありました。

でも、接種後は注射針を刺した部分に軽い鈍痛が数時間あった程度で副反応もありませんでした。

ゆんつ
ゆんつ

元気もりもり!

そして、1回目の接種から3週間経過した先日、2回目の接種に行ってきました。

2回目のワクチン接種

2回目のワクチン接種も1回目と同じ流れで行われました。

ワクチン接種会場の入り口で検温を済ませ、受付で接種券や身分証明書を提示し、問診を経てから接種へ。

注射も1回目同様にちょっとチクっとしただけ。

あっというまに接種は終了しました。

接種後は体調の急変に備えて15分間会場で待機。

特に何の問題も起きなかったので接種会場を後にしました。

これで2回のワクチン接種は完了。

2回目のワクチン接種

これで、コロナウィルスに感染するリスクや、感染しても重症化するリスクがちょっとは少なくなったかもしれません。

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

副反応も大丈夫でした

1回目の接種の時には先に接種を済ませていた母や兄から

母

接種後に腕が重くなって上がりにくくなった

とか

兄

接種後に微熱が出た

などという話を聞いていました。

でも、僕には何も起きませんでした。

ですので、2回目の今回も周囲の人たちに

ゆんつ
ゆんつ

1回目に何も起きなかったから2回目も大丈夫だよね

などと話していました。

でも、それを聞いた友人が

 

副反応は2回目の方が出やすいんだぞ!

と、即座に僕の淡い願望を打ち砕きました。

調べてみると、厚生労働省のサイトに2回目の方が副反応が出やすいと確かに書いてあります。

1回目のワクチン接種でいくらか免疫がつくことで、2回目の接種の方が、免疫反応が起こりやすくなるため、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出やすくなります。

引用元:厚生労働省Webサイト

ゆんつ
ゆんつ

むむむ・・・

1回目で免疫がつくので、2回目のほうが免疫反応が出やすくなるのか・・・

このことを知ったため、2回目の接種後は多少緊張感のある時間を過ごしました。

でも、2回目の接種後も特に副反応は起こりませんでした。

良かったね

1回目の時は接種当日は接種部分に少しだけ鈍痛が残りましたが、2回目の今回はそれすらも無く1回目よりも楽なくらいでした!

接種翌日も元気モリモリで、2回目のワクチン接種も副反応なく乗り切ることができました。

ゆんつ
ゆんつ

ありがたやー

このまま終息しますように

2021年9月上旬の1回目のワクチン接種の時はコロナウィルスの感染者数もまだまだ多い時期でした。

でも、その後感染者数はどんどん減り、現在(2021年10月上旬)は緊急事態宣言も解除されました。

僕の住む山口県でも公共施設などが再開されて、だんだんと日常が戻ってきている感じがします。

このまま感染者数が減少し、コロナウィルスとは無縁の日々が訪れることを願っています。

僕もワクチンを2回接種したからと言って油断せずに、今後もマスク、手洗い、うがいなどこれまでの感染対策を引き続き徹底し予防に努めたいと思います。

僕は注射がとても苦手なので、できれば3回目の接種がないことを心から祈っています(笑)

ゆんつ
ゆんつ

何歳になっても注射は怖いね

それでは、またー。

コメント