ダイソーのカニグッズを試してみました

レビュー

こんにちは、ゆんつです。

僕はたまに、テレビ東京系列で放送されている「虎ノ門市場」という通販番組でずわいがにを買っています。

虎ノ門市場で「ずわいがに」買ってみました
こんにちは、ゆんつです。 テレビ東京で月曜日から金曜日の午前11:00~11:13にやっている虎ノ門市場という番組をご存知でしょうか? 簡単に説明すると、タレントが日本各地の名産品を実際に食べながら紹介し販売する通販番組

かにというのはとても美味しいけれど、食べるのも難しい食べ物です。

ゆんつ
ゆんつ

殻むきとか身を取り出すのが結構大変

ハサミだけではカニの殻はとても剥きづらいし、箸と普通のスプーンではカニの身やミソが取り出しにくく食べるのに悪戦苦闘します。

最初にずわいがにを買った時はハサミと箸とスプーンしか家になかったので、カニはとても美味しかったけど、食べ終わった後はクタクタになってしまいました。

そんな経験からでカニが簡単に食べられる調理器具をダイソーで買ってきました。

「カニのカラむき」

ダイソーのカニのカラむき

「カニ・ばい貝スプーン」です。

ダイソーのカニ・ばい貝スプーン

今日はこの2つの「かにグッズ」について書きたいと思います。

スポンサーリンク

カニのからむき

ピーラーと言うよりも栓抜きのような形になっています。

まるで栓抜きのようなカニのカラむきの形状

長さは約17cm、幅は約2.5cmです。

カニのカラむきの長さは約17cm

カニのカラむきの長さは約2.5cm

殻のむきかたは先端の谷型にへこんだ部分をカニの殻に食い込ませて引くだけ。先端がカニのカラに食い込むような構造になっています

野菜の皮をむくピーラーと同じような要領で使うようです。

まな板の上にカニの足を乗せて

ずわいがにの足

しっかりと足を手で押さえた状態で山型の部分をカニの殻にギュッと押し付けるようにして食い込ませます。

カニの殻にカニのカラむきを押し当てる

山型の部分を殻に食い込ませて「カニのからむき」を引いていくと

カニのカラむきを引くと殻が野菜の皮のように剥ける

野菜の皮がむけるような感じで、スーッと綺麗にカニの殻がむけました。

ゆんつ
ゆんつ

スゲー!!

野菜と違い硬いカニの殻なのでかなり力がいるのかと思ったら、それ程の力は必要無く女性でもできると思います。

ハサミを使いながら苦労して剥いていたカニの殻がスッとむけていきます。

ちなみに剥いた殻の裏にカニの身がうっすら貼りついている場合がありますので、これもきっちり食べましょう。

剥いた空の裏にへばりついたカニの身

剥いた空の裏にへばりついたカニの身

ハサミの部分も同様にやってみます

カニのハサミの部分はカニのからむきでは難しい

ハサミは殻がとても分厚いので足とは違い力が必要です。

ゆんつ
ゆんつ

これは女性にはきついかも

何とか剥けたカニの爪

なんとかむけました。

ハサミは脚と違って殻がとても分厚くて力が必要ですし、足よりも丸みを帯びていて「カニのからむき」がとても使いにくいので、無理に「カニのからむき」を使うよりも、調理バサミのこの部分

カニの爪は調理ばさみで割った方が楽

を使ったり、ペンチのようなものを使って割った方が楽だと思います。

ゆんつ
ゆんつ

「カニのからむき」は足には効果絶大だけど爪には不向き

1匹目のずわいがにの殻は約15分で処理することが出来ました。

2匹目は約10分で処理できたので、慣れれば処理時間はどんどん速くなると思います。

予めこうやってむいておけば食べる時に必要以上に手が汚れることもありません。

下処理がおわったずわいがに

今回僕は素手でやりましたが、カニの殻はところどころトゲトゲがあったり滑りやすかったりするので、安全面を考えると軍手を装着してやった方が良いと思います

カニ・ばい貝スプーン

長さは約11.5cm、先端の幅は約1cmでした。

カニ・ばい貝スプーンの長さは約11.5cmカニ・ばい貝スプーンの幅は約1cm

普通のスプーンと比べると、こんな感じです。

普通のスプーンとは大人と子供ほどのサイズの違いがある

この先端の細さが入り組んだカニの胴体にある身やミソ、足や爪の先にある身をとりやすくしてくれるようです。

ところでこのスプーンの商品名。

カニはいいんですが、「ばい貝」は聞いたことがありません。

ゆんつ
ゆんつ

ばい貝?

調べてみるとこんな感じの巻貝のようです。

ばい貝

細いスプーンはカニを食べるのに使い、二股に分かれている部分で「ばい貝」のフタふたを外して身をほじり出すようですね。

先ほど「カニのカラむき」で大まかに殻をむいたカニの身をこのスプーンほじります。

これが驚くほどよくとれるんです。

「カニのからむき」で殻をむいたカニの脚に突っ込んで上から下にスーッと動かすだけでごっそりカニの身がとれます。

ゆんつ
ゆんつ

これは楽だ!

カニの胴体は入り組んだ構造になっていますが、先端が細いスプーンが色んなところに入り込めて、身をほじり出すのがとても楽です。

奥の方にあるミソも、このスプーンがしっかりとかき出してくれます。

普通のスプーンや箸を駆使してカニの身をやミソをほじり出して食べるよりも、このスプーンを使う方が断然楽に速くカニが食べられます。

ゆんつ
ゆんつ

良い商品です

カニを食べる時にあると便利だよ

「カニのからむき」と「カニ・ばい貝スプーン」を使ってみました。

どちらもカニを食べるのを楽にしてくれる良いグッズです。

これらのグッズ使わずにカニを食べた時は、食後に「美味しいけどカニは面倒くさいなあ」と感じていましたが、これらを使ってみてそんなことを感じることもほとんどなくなりました。

これらのグッズが有ると無いとでは、カニを食べるのにかかる手間が全然違います。

手順としては

1.  「カニのからむき」で大まかに脚の殻をむく。

2.   ハサミやペンチでかにのはさみを割る。

3. 「カニ・ばい貝スプーン」で食べる。

という流れが良いかと思います。

勿論、必要に応じてハサミも使うともっと食べやすいです。

手をカニ汁でビシャビシャにしながら悪戦苦闘することもこれでなくなりました。

恐らく僕は予算の関係上年に数回しかカニは食べないでしょうが、それでもカニをたべるのであれば持っておいて損は無い商品だと思いました。

それでは、またですー。

レビュー
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました