ハムカツはハムカツでもベビーハムカツ

料理

こんにちは、ゆんつです。

魚肉を主原料にしているベビーハムという小さいハムがあります。

大好きなベビーハム

オレンジ色の憎い奴

僕は小さいころからこのハムが大好きで、今でも毎週2~3本は食べてます。

ゆんつ
ゆんつ

ベビーハムは僕のソウルフードの1つです

調理法としてはシンプルに焼いて食べるか、野菜と一緒に炒めることが多いのですが、その次によくやるのはこのベビーハムを使ってハムカツを作ることです。

焼くだけよりも少し手間がかかりますが、ベビーハムで作ったハムカツは普通のハムで作ったハムカツに負けないくらい美味しいのです。

今日は「ベビーハムカツ」を作ります。

材料

ベビーハム 1本

パン粉 適量

あげ油 適量

バッター液

バッター液は以下の材料を良く混ぜ合わせたものです

卵 1個

小麦粉 大さじ3

水 大さじ3

手順

ベビーハムを切る

ベビーハムを適当な厚さに切ります。

厚めに切ったベビーハム

ゆんつ
ゆんつ

ハムカツの場合は少し厚めに切った方が美味しいです

2. ベビーハムに小麦粉を振る

厚めに切ったベビーハムの裏表に小麦粉を振ります。

両面に小麦粉を振ったベビーハム

3. 衣をつける

卵と小麦粉と水を混ぜたバッター液にベビーハムをくぐらせて、パン粉をつけていきます。

バッター液に浸けられたベビーハム

パン粉をまぶされたベビーハム

ゆんつ
ゆんつ

ギュッギュッと押しながら衣をつけると

揚げている最中に衣が剥がれにくいです

4. 揚げる

170℃~180℃くらいの油で3分~4分くらいからっと揚げます。

180度くらいの油にベビーハムを投入

ベビーハムの両面をこんがりあげていきます

5. 完成

きつね色に揚がったベビーハム

ゆんつ
ゆんつ

上出来上出来♪

食べよう

ハムカツを半分に切ると断面はこんな感じです。

ベビーハムカツの断面

ゆんつ
ゆんつ

おいしそうでしょ

ベビーハムなので普通のハムカツよりもサイズが小さい感じですが、この大きさが食べやすくて逆にちょうどいいのです。

ベビーハムカツいただきます

サクサクの衣の中に熱々のベビーハム。

香ばしい衣と、ベビーハムの適度な厚さと歯ごたえがたまりません。

調味料をかけなくても美味しく食べられますが、ソースをかけたり辛子をつけたりするとより一層美味しくなります。

このベビーハムカツ。

魚肉が主原料のベビーハムで作っているのに、本当のハムで作ったようなハムカツの味でビールとメチャクチャ合います。

まあハムカツ自体ビールと会うので言うまでも無いことですが、ベビーハムカツはそれ以上といってもいいくらい合うのです。

これを食べながらビールを飲むと至福のひとときが訪れます。

友達の評判なども上々で飲み会などでこれを作ると、いつも大人気で早々と無くなってしまいます。

ベビーハムは安くて美味しいので、少ない予算で美味しいハムカツが沢山作れて言うこと無しです。

もし興味がありましたら「ベビーハムカツ」を是非やってみてください。

きっと美味しいと思っていただけると思います。

それでは、またですー。

 

コメント